ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目に酸素取り入れることが不調改善の近道 老化防止にも影響

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「近年はパソコンやスマホの影響もあってか、30代の老眼患者も珍しくありません」

 そう語るのは、目の美容室『日本リバース』院長・今野清志さん。40代以上の老眼人口が7000万人を超えるといわれるなか、今野さんは、60才を過ぎても視力1.0を維持し、老眼、白内障の兆しはないという。

 人の目は、1日に2万回近くまばたきをし、眼筋は10万回以上動いている。これは心臓に匹敵するほどの働きぶりだ。これだけ酷使しているのだから、目が疲れやすいのも当然だ。

「いわゆる筋肉痛のように、疲労回復のためには、溜まった乳酸を酸素によって分解することが必要。酸素が充分に取り入れられない酸欠状態だと、疲労が蓄積されたまま栄養も行き届かない。すると、目のピント調節を行う水晶体が硬化し、視力低下や老眼など、さまざまな不調を引き起こし、老化につながるのです。目に酸素をしっかり取り入れることは、不調改善の近道。老化防止にもなりますよ」(今野さん・以下「」内同)

 今野さんが推奨しているのは、指先で目の周りを軽く叩いていく「タッピング法」。これは筋肉、骨、皮膚を同時に刺激し、目の周りの血流を促す。

「爪を短くカットし、指の腹で刺激します。4本の指先が同時に肌に触れるよう、1秒間に約3回のスピードで、やや強めに1か所5回ずつタッピングし、少しずつずらすといいですよ」

 以下、手順を紹介しよう。

 最初に眉頭の「攅竹(さんちく)」から、眉尻の「絲竹空(しちくとう)」に向かってタッピング。

 次に目の1cm下の辺りを、目頭の少し下にある「下淸明(しもせいめい)」から、目尻の下にある「球後(きゅうご)」にかけてタッピングする。最後に、こめかみにある「太陽」から頭頂部に向け、タッピングしながら登っていく。

「皮膚が赤くならない、“イタ気持ちいい強さ”で、起床、就寝前、目が疲れたときなど、いつでも気づいたときに行ってください。1回1分ほどの時間でOK。リンパの流れがよくなり、老廃物の排出がスムーズになるので、目元のクマが解消、しわやたるみが改善されるなどの美容効果もありますよ。目のアンチエイジングのためにも、まずは2週間行ってみてください」

※女性セブン2014年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
あゆ 1日680万円の買い物し、小型トラックチャーター
小向美奈子が逮捕時に着用の巨大谷間露出スーツ購入現場激撮
双子美女「はっち」さんと「ぽっち」さん つけ麺食べに上京

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP