ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

習近平氏弟が「中国軍第一の美人歌手と結婚」で嫉妬の声轟轟

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の習近平・国家主席の弟、習遠平氏の妻がかつて「中国軍で最も美しい女性」と呼ばれていた中国軍専属の美人歌手だったことが分かった。彼女は2008年初めに政府主催のイベントに出演して以来、突如として公の場から姿を消し、死亡説、失踪説が出るなど不思議がられていたが、遠平氏との結婚による「引退」だったことが初めて明らかにされた。
 
 習近平氏も妻は有名な元軍所属の歌手で「中国の歌姫」と呼ばれた彭麗媛さんだけに、ネット上では「揃いもそろって兄弟で美人を妻にするなど、許せない」との声も上がっている。

 遠平氏の妻・張瀾瀾さんについては、広東省深セン市の地元紙「深セン特区報」が10月15日、近平、遠平兄弟の父親・習仲勲元副首相の生誕101周年を記念した記事のなかで、報じている。

 このなかで、遠平氏は瀾瀾さんについて「気取らず誠実な女性。素晴らしい経歴を持っているだけでなく、よき母であり、よき妻だ」と述べている。また、同紙は遠平・瀾瀾夫妻と習兄弟の母、斉心さんと一緒の写真や、夫妻と瀾瀾さんの父母との写真を掲載している。

 記事によると、瀾瀾さんは中国内陸部、重慶市の貧しい労働者階級の家庭に生まれた。幼いときから容姿が美しく、歌も上手だったため、15歳で軍の歌舞団に入隊。めきめきと頭角を現し、「軍中第一美女」として大スターの座を歩んでいた。

 ところが、2008年初めの歌のイベントを最後に公の場から姿を消したのだが、これは遠平氏と結婚したためだった。その後、妊娠、出産したことから、歌の世界から完全引退し、専業主婦に収まったという。

 この報道で、往年の大スター、瀾瀾さんが姿を消した謎が解けたことになったが、ネット上の反響はすさまじく、「中国軍第一の美女を寝取るとはけしからん」「兄貴に続いて、弟までも、美人狩りをするとは何という恥知らずの兄弟」などとの怨嗟とも嫉妬ともつかない書き込みが掲載されると、記事は削除され、「法律と政策によって検索結果を表示することはできない」と検索不可能な状態になった。

 米国に拠点を置く中国情報専門の華字ニュースサイト「多維新聞網」も当初、深セン特区報の記事と写真を転電して報じたが、同サイトからも記事が削除されており、これは極めて異例のことだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国習近平主席 父の生誕100周年太子党結集し政権浮揚狙う
習近平主席 離婚によるショックでエリートコース放棄の過去
習近平氏 江沢民氏とプーチン氏会談演出は自身の実績作りか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP