ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美しいバハマの海に巨大な少女が出現!?驚きの海中アートとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バハマ諸島のナッソーに高さ約5.5m、重さ約60トンの少女の石像が沈められた。

これは海洋彫刻家で写真家のJason DeCaires Taylor氏の手によるもので、両腕と頭を使って天と地を支えるギリシア神話の神・アトラスになぞらえて「Ocean Atlas」と名付けられている。

少女が美しく大きな海を、その両肩で支えているような姿は神秘的であり、何かを訴えているようでもある。

珊瑚礁の保護や育成を目的として、これまでにもグレナダやメキシコのカンクンに海底美術館を作ってきたTaylor氏。

彼の公式サイトには、これまでに彼が沈めた彫刻の数々と、それらが珊瑚や藻に覆われていく様子を描いた写真が多数あるので、興味を持った人はぜひ見てみて。

美しい海の中にひっそりとたたずむ石像たちは少し恐ろしく、だけど目をそらすことのできない力強さに満ちている。

jason deCaires taylor
http://www.underwatersculpture.com/

・ アート(まとめ)

The post 美しいバハマの海に巨大な少女が出現!?驚きの海中アートとは? appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP