ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラルフローレンのスマートTシャツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

続々と登場する「ウエアラブルデバイス」。メガネや時計、洋服など、日常的に身に着けるものに、カメラやセンサーなどが組み込まれた次世代のデバイスとして、今大きな注目を集めている。

【画像や図表を見る】

米国のファッションブランド「Ralph Lauren」が、今年8月に発表したスマートTシャツ「Ralph Lauren Polo Tech」もその一つだ。

同商品は、心拍数や体温などを基に、「消費エネルギー」や「ストレスレベル」を測ることができるスマートTシャツ。繊維の中に生体を計測するセンサーが組み込まれており、専用アプリとつなげることで、スマートフォンからリアルタイムでデータを閲覧することができる。

他メーカーからも、似たようなスマートTシャツは販売されているが、それらの商品との最大の違いは、ファションブランドならではのセンスが光る、シンプルなデザインと着心地。デザインは、黒地一色にお馴染みのロゴマークが胸元に一点あるだけ。しかも、体にフィットするデザインになっており、着心地が良いだけでなく、より正確なデータを測定することができる。

これまで、スマートTシャツといえば、スポーツメーカーやIT企業が開発に力を入れている印象が強かった。しかし、ファッションブランド「Ralph Lauren」が参入したことで、アパレルメーカーから同分野へのさらなる参入が進みそうだ。
(山田滝音)
(R25編集部)

ラルフローレンのスマートTシャツはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

愛犬専用ウエアラブルデバイス登場
スマホ連携の南京錠「Noke」
腕時計、指輪…ウェアラブルデバイス
「着用型ウェアラブル端末」続々
禁煙成功率が3倍になる!?アプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。