ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清掃員から証券マンに転身した杉村太蔵 「1品加える」実践

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 初の著書『バカでも資産1億円 「儲け」をつかむ技術』が話題を集めている杉村太蔵氏(35才)。衆議院議員として4年間の任期を勤め上げ、現在はタレント、投資家・実業家として活躍している。そんな彼の議員になる前のキャリアは意外と知られていない。

 大学中退が決まり、就職活動で連戦連敗が続いた杉村氏。派遣会社に登録し、オフィスビルの清掃員の仕事に就いた。時給は800円だった。その後の転身はドラマチックだ。清掃作業をしていたある日、同じビルに入る外資系証券会社の重役に「君は将来、必ず出世する」と声をかけられ、その会社で働くチャンスを得たのだった。

「石にかじりついてでもクビなるわけにはいきません。ぼくができるのは与えられた仕事ひとつひとつに真摯に取り組むことだけです。とにかく必死に働きました」(杉村氏)

 外資系証券会社では、周囲は一流大学を卒業した優秀な人ばかり。一方、大学中退の杉村氏は「学歴なし」「スキルなし」「コネなし」という“ないない尽くし”だった。

 しかし、「自分にないものを悲観する必要はないと思います。ぼくのようなバカはバカなりに考え、行動することが大切なのです」と杉村氏は語るのだ。

 そのひとつが「1品加える」ことだという。上司から頼まれる雑務の中にも、できることはあると杉村氏は語る。

「例えば、上司から『ボールペン持ってきて』と言われて、黒色ボールペンだけを持っていくようではダメ。黒、青、赤と主要な色を揃え、その場にあれば修正液、さらに蛍光ペンをセットにして『お持ちしました』と見せるのです。『上司のための1品』は、プラス評価になることはあってもマイナスになることはありません」

 つまり、上司が何を求めているのかということをつねに考えながら行動してきたという。こうした心がけなど、出世するためのノウハウを実践し、杉村氏は「雑用係」から少しずつキャリアアップしていった。著書でも、杉村氏のような非エリートがビジネスの現場で勝負するためのさまざまな方法が紹介されている。

【杉村太蔵 すぎむら・たいぞう】
1979年8月13日、北海道旭川市生まれ。1998年4月、筑波大学体育専門学群に入学、2004年3月中退。オフィスビルの清掃員を経て、外資系証券会社に勤務。在職中の2005年9月、自民党公認候補として衆議院議員選挙に立候補、当選(2009年7月で任期終了)。2010年7月、参議院議員選挙に立候補するも落選。現在はタレントとして活躍中。投資家として株式投資で多額の利益を上げる。実業家の一面もあり、2013年5月に立ち上げた商社「杉村商事」の社長でもある。杉村太蔵公式HPはhttp://www.sugimurataizo.com/ 


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
4年で資産1億円築いた杉村太蔵 1000万円ジャガー購入の狙い
株で4000万円超儲けた杉村太蔵「儲けたい人は株をやるな」
杉村太蔵 ニート問題に熱く持論「親が社会に放り出せ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。