ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LINEクリエーターズスタンプ 使う相手を絞ったものが人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自作のスタンプを登録し、審査に通れば販売できるLINEクリエイターズスタンプ。そのスタンプは、プロアマ問わず、誰でも作成できる。

 絵が下手でもそれが味になり、人気が出るケースがあるから、アイディア次第で稼げる。そんなこともあってか、独特のゆる~い絵柄でネット上では、“田辺画伯”と呼ばれている俳優の田辺誠一(45才)も、自身のイラストを、LINEクリエイターズスタンプにする意向を表明した。

 田辺画伯作なら何もしなくても売れるに違いないが、無名の私たちじゃ無理? なんてことはない。人気のスタンプには特徴があると、LINEスタンプ企画チームマネジャーの渡辺尚誠さんは言う。

「誰もが使いやすいものよりも、家族間、夫婦間、ママ友同士など、使う相手が絞られたものを想定して作られたスタンプの方が、使い勝手がよいようで人気がありますね。

また、方言やご当地ものはその土地になじみのある人にとっては、“あるある”みたいな感じで支持も高い。あとは言葉の選び方よりも、“了解”や“OK”だけでなく、具体的なシチュエーションで使えるもののほうが、売り上げ上位に来ることが多いんです」(渡辺さん)

 他にも動物ものや安否確認できるなど、よりシチュエーションを絞ったものが人気だ。

 では、実際にクリエイターはどのような狙いで作っているのか。『アメリカンポップ関西弁』スタンプの制作者・小嶋わにさんは、かわいくて面白がってもらえるものを意識したという。そんな小嶋さんの思惑が通じたのか、発売後、2~3週間で、週間ベスト10の見事1位にランクインした。

「私が実際に買いたいなと思う他のクリエイターズスタンプは、シンプルな線だけでも味わいがあるものや、ちょっと変わったメッセージ文を載せているもの。絵の上手下手よりも、アイディア勝負なんだと思いますね」(小嶋さん)

※女性セブン2014年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
LINEスタンプ 人気トップ10平均収益は3か月で2230万円
「ピッカピカの一年生」コピーライターが作品の背景語った本
家族の協力でクリエイターへの第一歩 モデルの飼い猫も貢献

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP