ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

霊視喫茶店マスター 蛭子能収の前妻と今の妻について鑑定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ東京系『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で再ブレーク中の蛭子能収さん(67才)が、喫茶店で霊視を行うマスターとして大注目の室井健助さん(58才)に鑑定された。「葬式で笑ってしまう」や「地元の名産品ではなく、カレーを頼む」など数々の逸話が語られている蛭子さんだが、2001年に51才の若さで亡くなった前妻からは、何かメッセージはあるのだろうか。

室井:前の奥さんはやさしかったでしょう。とても穏やかでいい奥さんだったよね。でも、手には死別とか離婚の相が出ていた。そういう運命だったんですよ。前の奥さんの夢を見ますか。

蛭子:いやあ、見ないんですよね。

室井:何で夢を見ないかわかりますか? それは、蛭子さんを心配していないからなんですよ。ちゃんとやってるのがわかってるから。できそこないの旦那を残して死んでいった場合は、心配で夜な夜な妻が夢に出てくるんです。今もそこにはいますよ。

蛭子:えっ?

室井:「あなた、よかったね、いい運が今年回ってきて。だから体にだけは絶対に気をつけないと駄目ですよ」って言ってます。これからもよく歩くようにされるといいですね。再婚された今の奥さんとの相性もいいですよ。ただ前の奥さんと違って、性格は結構強めかな(笑い)。

蛭子:強いです。すぐ怒るから怖いです(笑い)。今の女房は、19才下なんですけど、趣味が年寄りっぽくて、神社めぐりが好きなんですよね。

室井:今の奥さんは、前世は修行僧で、その前の前世が巫女さんでしたから。

蛭子:そうなんですか。しょっちゅう、神社に連れて行ってって言うんですよね。

室井:だからこそ芯の強いところがあるんですよね。おふたりの相性もばっちりですね。奥さんはやさしい人が好きで、蛭子さんはちょっと言われてるくらいがちょうどいいんです。

蛭子:そうかもしれませんね、へへっ。

室井:ただ、今の奥さんも、どっちかっていったら、太っ腹。蛭子さんは、博打をやらなきゃ金を使わないけど、奥さんは博打はしないけど気前よく使う。

蛭子:そうなんですよ。

室井:お金を貯めたいなら、そこは夫婦で気をつけられたほうがいいですね。

◆対談を終えて

室井:テレビで見た印象通り、正直で嘘がつけない人ですね。若い時の低迷期が嘘のように、これからは死ぬまで大運線が続く、ものすごい強運の持ち主です。今も充分腰が低いかたですが、これからはさらに3倍意識して腰を低くして過ごされると、さらに人に愛されると思いますよ。

蛭子:過去にも番組の企画とかで占いを受けたことはあったんですが、もう、何て言われたか、忘れてしまって…(笑い)。今みたいな忙しい時期はあと1年ぐらいもてばいいのかなと思っていたけど、こうやって仕事が続くって言われるとうれしいですね。自分の記憶力に自信がないから、今日聞いたことは、マネジャーに覚えていてもらいます(笑い)。

※女性セブン2014年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
太川陽介 バスの旅で最もイライラした蛭子能収の言動を告白
『路線バスの旅』の「魔の3日目」のジンクスを太川陽介解説
ブレイク中蛭子能収変人エピソード 人が死んでも悲しくない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP