ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界文化遺産の先輩♪本場イタリアン直伝ヘルシーお惣菜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クロスティーニ、パスティッチョ、ピットレ、カルピオーネ。
これらの言葉達の意味をご存知でしょうか。実はこの4つのワード、呪文ではなく、全てイタリア料理の料理名!
昔のイタリア人は、一食3時間かけて食し、満腹になると鳥の羽で意図的に嘔吐を起こし、空腹にしたというから驚き!
現代においても美食のフィロソフィーは受け継がれています♪

2010年に無形文化遺産にも登録され、食を大切にする国という意味で先輩であるイタリア!
今回はお弁当に詰めるもよし、おつまみにするもよし、簡単ヘルシーお惣菜をご紹介します。

1.これぞヘルシーおつまみ”小鯵カルピオーネ”
カルピオーネとは日本で言う、南蛮漬け!冷蔵ならば一週間保存出来るのも嬉しい所。
■材料
小鯵 6尾(イワシやワカサギなどお好みの魚で)
オリーブオイル(にんにくと鷹の爪を入れておくと香りが移り更に美味しい。)
玉葱(1/2個)、人参(1/2個)、セロリ(1/2本)
☆白ワインビネガー(100cc)、砂糖、ケッパー
強力粉
■作り方
1)魚はおろして、強力粉をはたいておく。野菜は千切りにする。
2)野菜がしんなりするまで炒めたら、調味料(☆材料)を入れる。
3)小鯵を、多めのオリーブオイルで揚げる。
4)瓶に野菜、小鯵野菜の順番で詰めて一晩までば出来上がり。

2.トマトソースは何でも合う!”残り野菜のカポナータ”
■材料
好きなお野菜(じゃあぎもなどのデンプン質は控えて下さい)
ホールトマト 1/4缶
バジル 3枚
■作り方
1)多めのオリーブオイルで野菜を炒める。
このときポイントは、火を弱火にせず野菜の香りを油に移すように。
2)塩コショウをしたら、トマト缶を潰しながら加える。
3)水分が飛ぶまで煮込めば出来上がり。
パン、パスタ、グラタン、ご飯の上どれに乗せても絶品です。

3.イタリア版卵焼き”秋野菜のフリッタータ”
■材料
お好みの野菜(かぼちゃ、インゲン、玉ネギ、ドライトマトなど)
☆卵(3個)、生クリーム(大さじ1.5)
パルメザンチーズ
■作り方
1)野菜は火を通し、卵液(☆材料)と野菜を全部混ぜ合わせる。
2)熱したフライパンに流し込み、蒸し焼きにする。
3)表面が固まったら、裏返してパルメザンチーズを振りかければ完成。

イタリア料理は、和食と同じように”素材を大切にする料理”。その分オリーブオイルにこだわりを。
夕暮れ時に作れば、晩酌時ワインのお供に、常備菜にもぴったりです。
それでは、ボナセーラ♪(Buona=良い、Sera=晩)

「AL CIBO COMMESTIBILE」
http://www.alcibocommestibile.com/2010/06/un-pollo-da-pic-nic-che-si-prepara.html
「A FAMILY FEAST」
http://www.afamilyfeast.com/caponata/
「martha stewart」
http://www.marthastewart.com/326619/tomato-scallion-and-cheddar-frittata

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP