ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホさえあれば世界中の人と情報交換ができるビデオチャットプラットフォーム「Vive」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンが普及したことにより、skypeを始めとした様々なツールを用いることで、これまで以上に気軽に世界中の人とコミュニケーションができるようになった。

音声だけのコミュニケーションだけでなく、画面に相手の顔が表示されることで、相手の表情をみながら直接顔を合わせて会話する事に近い状態でやりとりができる。

「Vive」というサービスも、スマホに特化したビデオチャットプラットフォームとして今注目を集めているサービスだ。

世界中にいる人と情報交換

「Vive」の最大の特徴は、これまでに繫がりのなかった人とも、共通の興味や話したいテーマをベースに繋がり、ビデオチャットができる点。

これまでも時間や場所、テーマを設定して、繫がりのなかった人同士が直接会う事ができるサービスはあったが、Viveの場合はそれがオンライン場で完結するため、より気軽に利用でき、国を超えて繋がりを作ることも可能だ。

登録はFacebookを用いて行い、自分が興味のある分野や話したいテーマなどを入力すると、その内容を基に自分と興味の近いユーザーをレコメンドしてくれる。自分でユーザーを検索をすることも可能だ。

招待制で安全面も配慮

登録にはFacebookアカウントが必要なほか、招待制となっており、安全に利用できるような工夫がされている。もちろん、相手からチャットの依頼がきても承認する義務はないので、気になる人とだけビデオチャットをすることができる。

様々な価値観や考え方をもつ人とディスカッションをしたり、同じ業界のトレンドなど情報交換が気軽にできるツールとして活用出来るため、興味がある方は是非使ってみてはいかがだろうか?
Vive

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP