ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好調続く日本テレビ スペシャル番組の低視聴率は懸念材料に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビの視聴率争いは、日本テレビの独走状態だ。10月第2週現在で、全日は44週連続、ゴールデン帯は11週連続トップ。他局の追随を許さない。実際、改編期の4月、10月ともにゴールデン帯で終了する番組はなかった(ドラマ除く。7月に水曜19時台の『1番ソングSHOW』が終了)。

 隙がないように見えるが、悩みの種がないわけではない。日本テレビ関係者が話す。

「改編期のスペシャル番組の数字が思ったほど伸びなかったんです。『踊る!さんま御殿!!』などレギュラー番組の2時間スペシャルは、いつも通りの高視聴率でしたが、馴染みの薄いスペシャル番組は、軒並み低視聴率でした」

 19時からの2時間スペシャルで例を挙げると、9月26日の『カウントアップ ~気になる数字を数えてみた~』が7.5%、10月3日の『沸騰ワード10』が9.4%、4日の『のどじまんTHEワールド!』が9.8%、9日の『ありえない本当とウソをミヤブレ!ジョーカー』が9.2%と、1ケタの視聴率が目立っている。日テレのゴールデン帯のレギュラー番組は、ほとんど2ケタ視聴率を記録するだけに、2時間スペシャルでの低視聴率はかなり痛い。

『タカトシのおねだり牛肉宅配便!』(9月16日、10.8%)など他の特番も、2ケタには乗っても、主に10~11%台。『1番ソングSHOW』に代わり、7月から始まったレギュラー番組の『トリックハンター』の2時間スペシャル(10月1日)も、9.6%と1ケタに終わった。

「4月、10月の改編期で終了する番組がなかったのは、実は消極的な姿勢の現れです。日テレの場合、高視聴率の基準は視聴率13.5%超、と言われています。今のゴールデン帯は2ケタには届くが、13.5%を越える番組はそう多くはない。視聴率を取れそうなコンテンツがあれば、本当は変えたい番組もある。しかし、次のゴールデン枠を期待されるスペシャル番組の視聴率が良くないので、代わりの番組がないのです。

 今回の改編期のスペシャル番組は、以前に深夜帯や土日の午後帯に放送され、そこで結果を出したため、ゴールデン帯に昇格したものが多い。言い換えれば、レギュラー化の可能性を探られていたわけです。しかし、そこで結果が出せかった。そうすると、今の馴染みのあるレギュラー番組を続けるほうが安全という結論に至ってしまう。

 今は視聴率好調なので、スペシャル番組がコケても、前後の番組や他の曜日がカバーしてくれる。だから改編期に数字の計算できるレギュラー番組の特番ではなく、新機軸の2時間スペシャルを何本も持ってきたのですが、今回は上手くいきませんでしたね」(同前)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
2時間スペシャル番組が激増 狙いは低視聴率番組のテコ入れか
AKB総選挙 フジテレビが4時間40分にわたって放送する背景
結婚してさらに色香を増した井上和香をスペシャル撮りおろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。