ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バツ3吉田鋼太郎 恋人安蘭けいとの結婚なかなか踏み切れず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月の3連休最終日、翌朝には超大型台風が直撃するとあって、大雨警報や洪水注意報が次々に出る嵐の夜のこと。

 東京・代官山『T-SITE』内にあるカフェで、吉田鋼太郎(55才)を発見。丸テーブルに向かい合って座っているのは元タカラジェンヌの安蘭けい(44才)だった。

「吉田さんが安蘭さんにメニューを見せながら“これでいい?”って確認していて優しさを感じました。

 結局フードはローストビーフサンドイッチ、吉田さんがビール、安蘭さんがカモミールティーを頼んでいました。

 おしゃべりが弾むとかではないんですが、長いつきあいで、お互いのことをよく知っていないとできない大人のデートって感じでしたよ」(居合わせた客)

 6月に本誌がスクープしたふたりの恋。2011年の舞台『アントニーとクレオパトラ』での共演をきっかけに交際をスタートさせた。NHK連続テレビ小説『花子とアン』の撮影真っ只中に、吉田は安蘭と水炊きデートをし、そのまま彼女の自宅マンションに連泊する様子をお伝えした。

「つきあって3年以上になりますが、いまだにラブラブで、彼女のほうはいつでも結婚したいようなんです。ただ、吉田さんが“バツ3”で、前の奥さんとの間にはお子さんもいるようで、なかなか踏み切れないとか…」(舞台関係者)

 現在吉田は、ドラマ『すべてがFになる』(フジテレビ系)で、武井咲(20才)演じるヒロインの叔父、県警本部長を好演中だ。

「その夜は、吉田さんは台風で何かあったらいけないからと、安蘭さんと一緒に過ごすことになったそうですよ。今すぐ結婚とかでなくとも、そういうときに一緒にいようって言ってくれる男気に、彼女はベタ惚れなんでしょう」(前出・舞台関係者)

 ふたりはカフェデートを楽しんだ後、コンビニで飲料水などを購入して嵐の夜道を帰って行った。

※女性セブン2014年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『花子とアン』伝助役・吉田鋼太郎 元タカラジェンヌと交際
東電・吉田元所長 食道がんと闘病中も「福島に戻りたい!」
澤穂希 吉田沙保里に「もっと駆け引きを」と恋愛アドバイス

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP