ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Sサイズは世界最軽量! 軽くてかけやすい『3Dビエラ専用 3Dグラス』3機種追加へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

3Dビエラ専用 3Dグラス(TY-EW3D2シリーズ)


パナソニックは、3D対応プラズマテレビ『3Dビエラ』専用の3Dグラス『TY-EW3D2シリーズ(3Dビエラ専用 3Dグラス)』を追加別売品として8月27日に発売します。S、M、Lと3サイズをラインナップしており、Sサイズでは世界最軽量となる約38gを実現。アクティブシャッター方式により臨場感ある高画質の3D再生はそのままに、“かけやすさ”にこだわっています。

今回追加別売される『3Dビエラ専用 3Dグラス』は、頭周囲のサイズで『コンパクト(S)サイズ』、『標準(M)サイズ』、『ゆったり(L)サイズ』をラインナップ。サイズに合わせて、両目の幅やテンプル(つる)の大きさも調整し、自分のサイズにあった3Dグラスを選ぶことができます。また、レンズ部分を薄型化し構造をシンプルにすることで、従来品に比べて約40%も軽量化し、とりわけ『コンパクト(S)サイズ)は世界最軽量の約38gを実現。自分のサイズに合わせて選ぶことで、長時間でも快適に使用できます。

本体内部には充電式バッテリーを内蔵。『3Dビエラ』本体や『ディーガ』のUSB端子と同梱の充電用USBケーブルをつないで充電できるため電池交換が不要です。約2時間の充電で連続30時間の使用が可能です。価格はオープンです。
 
 

■関連記事
『スイングパノラマ』応用で単眼による3D撮影を可能にした“サイバーショット”
業界初! 東芝から3D対応ブルーレイ再生機能を搭載したノートPC『dynabook TX/98MBL』発売へ
3DメガネなしでOK! 動画、写真が飛び出す『3Dデジタルフォトフレーム』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。