体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Philips、WQHDディスプレイやSony IMX220カメラを搭載した新型スマートフォン「Aurora i966」を中国で発表

Philips は今週、中国市場向けに同社初の WQHD ディスプレイを搭載した新型スマートフォン「Aurora i966」を発表しました。Aurora i966 は、5.5 インチ 2,560×1,440 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや Snapdragon 801 MSM8974 2.5GHz クアッドコアプロセッサ、Xperia Z3 でも採用されている 2,070 万画素 Exmor RS カメラ(IMX220)を搭載したハイスペックモデル。ファームウェアは Alibaba 提供の Android ベースの「YunOS 3.0」を搭載しています。

また、背面には指紋センサーを搭載しており、アプリやコンテンツ、ロック画面、決済機能で指紋認証を利用することができます。通信機能では Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM / WCDMA / TD-SCDMA / TD-LTE / FDD-LTE に対応(中国移動と中国聯通の 2G / 3G / LTE、中国電信の 4G に対応)。メモリは 3GB RAM と 32GB ROMを搭載。前面カメラは 800 万画素と自分撮りを考慮しています。バッテリー容量は 3,000mAh と若干少なめです。筐体サイズは 153 × 76 × 8.2mm となっています。Aurora i966 の価格は 3,699 元(約 65,300 円)で、中国で 11 月 11 日に発売される予定です。Source : T-Mall


(juggly.cn)記事関連リンク
ワックドットコム、ドライブアプリ「オービス警報」のAndroid版をリリース、バックグラウンド実行にも対応
Google、「Inbox by Gmail」のChromeアプリをリリース
Google Playストア「v5.0.31」がようやく国内端末にも配信され始めたようです

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。