ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂本龍一「commmons: schola」第14巻「日本の伝統音楽」12/17発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

坂本龍一が総合監修を手掛けている、commmons: schola(コモンズスコラ)=音楽の学校シリーズの第14巻「日本の伝統音楽」が12月17日に発売される。

第14巻となる今回の「commmons: schola」は、坂本龍一とレギュラー出演者・小沼純一の他、日本の伝統音楽研究の大家である小島美子、能楽分野を中心に活躍する松岡心平といった研究者、芝祐靖、野村萬斎、田中悠美子といった各界を代表する演奏家、アジア音楽を中心に幅広く音楽プロデュースを手がける星川京児など、多彩で豪華なゲストが登場。

雅楽、能・狂言、人形浄瑠璃といった日本が世界に誇る芸術音楽から、アイヌ音楽や民謡、NHK Eテレ「schola 坂本龍一 音楽の学校~日本の伝統音楽編」(2014年2~3月放送)では扱われなかった神楽など全国各地に根ざした民俗音楽、そして声明を始めとする宗教音楽と、古代から現代まで海外の影響を大きく受けながら独自の変化を遂げてきた日本音楽の魅力を紹介。

小島美子氏の書き下ろしによる民俗音楽概説「日本音楽の温床・民俗音楽」はファン必読。その他、薩摩琵琶や尺八、箏曲、現代邦楽など、日本の伝統音楽を語る上で欠かせない数々のジャンル全17曲をCD容量最大限に収録。選曲は各分野の専門家の意見をもとに膨大な候補を収集し、最終的にすべて坂本龍一が選出している。

リリース情報

「commmons: schola vol.14 Ryuichi Sakamoto Selections: Traditional Music in Japan」
2014年12月17日発売
RZCM-45974 8,500円+税
ハードカバー・ブックレット(128ページ)+カーボンオフセットCD
購入はこちらから
http://shop.mu-mo.net/avx/sv/item1?jsiteid=CMM&seq_exhibit_id=124530&categ_id=572501

収録曲(全17曲)
<民俗音楽>
1. 古代笛のための祭祀~第3章 帰神昇神の儀 / 上杉紅童(石笛) 作曲: 上杉紅童
2. アイヌ民謡 カムイ・ウポポ(座り歌) / 貝沢トロシノ、貝沢みさ、貝沢ハギ、貝沢イワ、貝沢アサノ、二谷カヨ、秋田ヨネ、三上つや(沙流川アイヌ(二風谷))
3. 北海道民謡 江差追分~前唄 / 初代浜田喜一(歌)
4. 岩手県(早池峰) 岳神楽~五穀の舞 / 岳神楽保存会
5. 江戸木遣り 江戸火消し出初式 木遣り~どんしょめ / 江戸木やり研究会、山口政五郎、他
6. 北陸民謡 越中おわら節 / 越中おわら節保存会
7. 宮崎県民謡(椎葉村) 秋節 / 中瀬守(歌)
8. 沖縄民謡 伊計離節 – 谷茶前 / 知名定男(歌・三線)、松田末吉(太鼓)、宮里康子、 古謝美佐子、比屋根幸乃(囃子)、宮里奈美子(サンバ)
<宗教音楽>
9. 奈良薬師寺 花会式の声明~称名悔過 / 法相宗大本山 薬師寺
10. 盲僧琵琶 地神経 / 小川行舜
<芸術音楽>
11. 雅楽 管絃 三臺塩急 / 伶楽舎
12. 能 獅子 / 藤田大五郎(笛)、幸宣佳(小鼓)、安福春雄(大鼓)、金春惣右衛門(太鼓)
13. 義太夫節 冥途の飛脚~「封印切の段」より / 四世竹本越路大夫(浄瑠璃)、二世野澤喜左衛門 (三味線) 作: 近松門左衛門
14. 薩摩琵琶 本能寺 / 鶴田錦史(薩摩琵琶鶴田流) 作詞: 田中濤外 作曲: 鶴田錦史
15. 尺八 本調 / 海童普門(尺八・法竹)
16. 箏曲 三つの断章~第1・第3楽章 / 宮下伸(箏) 作曲: 中能島欣一
17. 音楽のおしえ~不去不来の縁起 /

芝祐靖・角田眞美(龍笛・排簫)、八百谷啓・中村仁美(篳篥・大篳篥)、宮田まゆみ・石川高(笙・竿)、高田和子(三弦・歌)、米川裕枝(箏・歌)、田中悠美子(太棹三味線)、新井弘順・海老原廣伸(声明)、数住岸子(ヴィオラ)、松崎裕・山本真(ホルン)、神谷敏・山下秀樹(トロンボーン)、吉原すみれ・山口恭範・松倉利之(打楽器)、高橋悠治(コンピューター・打物) 日本語訳: 永沢哲 作曲: 高橋悠治
※3, 9, 10, 13, 16曲目は抜粋収録

関連リンク

坂本龍一 オフィシャルサイトhttp://www.sitesakamoto.com/
坂本龍一 レーベルサイトhttp://www.commmons.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP