ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題の「ずーしーほっきー」×『北斗の拳 イチゴ味』コラボポスターに秘められた思いとは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 漫画『北斗の拳』のパロディー版『北斗の拳 イチゴ味』(ゼノンコミックス)と、北海道北斗市の公式キャラクター「ずーしーほっきー」のコラボポスターが制作され、ネットを中心に話題を集めている。

 これは10月23日から29日にかけ、東急百貨店吉祥寺店にて開催される「なまらうまい 北海道展」の告知ポスターとして制作されたものだ。

 Twitter上でも「ずーしーほっきーの不気味なマーケティングがすごい」「さらに顔怖くなってるんだけどwww」「悪くないw」と、「北斗」つながりによって誕生した異色のコラボに関心を寄せる人が目立つ。

 今回、このコラボ実現の裏話を聞くべく、東急百貨店吉祥寺店の催事企画・高羽真太郎さんに話を伺った。

 高羽さんによるとこの企画の発端は、2015年度末に開業予定になる北海道新幹線の特集企画からきたという。

 「『ずーしーほっきー』を会場にお呼びし、新幹線PRも兼ねて盛り上げることができないか、と北斗市役所さまに協力のお願いをしに伺いました」と高羽さん。『北斗の拳 イチゴ味』とのコラボはその中で、コラボできたらとてもおもしろそうだということが話に上がったという。

 「出版社のコアミックスさまがちょうど吉祥寺にあるということで、企画相談を持ちかけました。『ずーしーほっきー』と『北斗の拳 イチゴ味』のコラボに加え、北斗市と吉祥寺のコラボにもなる点が決め手になりました」と、1枚のポスターで2つのコラボを実現させた企画であることがうかがえる。

 ポスターの反応について伺ったところ、社内よりも断然社外の反応の方が大きいようだ。
「社内では『なにこれー!』と『ずーしーほっきー』を初めて見る人ならではの反応が多いですが、取材を受けた後の外部からの大きな反響は予想外です」と高羽さん自身も驚いている様子。

 ちなみに今後のコラボ企画や続編の予定を尋ねると、新幹線開業に向け、来年は北斗市全体が盛り上がってくると語った上で、「今年のコラボはいいきっかけ作りになったので、あくまで来年を本番と捉え、さらに大きな企画を実現できればと考えております」と期待が膨らむコメントをいただいた。

 劇画タッチが全面に押し出された今回のコラボポスター。「なまらうまい北海道展」開催中は、紀伊国屋書店吉祥寺東急店において、『北斗の拳』関連書籍を購入した人に、コラボイラストを使用したポストカードが配布される特典がついてくるそう。ポスターのインパクトだけでなく、是非「北斗市」を中心としたさまざまなコラボを楽しんでほしい。

■関連リンク
フレンチのプロが本気で作った牛丼
美少女のキツすぎる言葉にショック
カロリーメイトにプレーンが加わった理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP