ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京国際映画祭 「POPCORN FESTIVAL」にあの大人気ポップコーンブランドが特別出店!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画といえば、欠かせないのがポップコーン。

待ちに待ってスタートした第27回東京国際映画祭では、六本木ヒルズ大屋根プラザにて、人気専門店を集めた「POPCORN FESTIVAL」が開催されている。今回は、当フェスティバルに特別出店しているポップコーンブランド「Doc Popcorn(ドックポップコーン)」をご紹介。

Doc Popcornは、2003年にコロラド州デンバーで誕生した全米No.1の店舗数を持つポップコーンブランド。今年5月に日本に上陸を果たし、原宿に旗艦店がオープンした。

「POPCORN FESTIVAL」では原宿店で人気のフレーバー4種類が展開されている。

キャラメルの甘さとチーズの塩気が引き立て合い、最高のコンビネーションを作りだす人気No.1の「デンバーミックス」に、まるでアップルパイのような甘酸っぱさが魅力の「アップルクリスプ」。そして、本当に美味しいバターポップコーンはコレ!とおススメできる「ベターバター」に、チーズ好きをとりこにする「チージーチェダー」。どれも一度は口にしたい、Doc Popcornならではの味わいだ。

サイズは、食べ歩きに最適な「レギュラーバッグ(Regular Bag)」と、数量限定の「クォート缶(Quart Tin)」「タイニー缶(Tiny Tin)」の3種類が用意されている。

東京国際映画祭 「POPCORN FESTIVAL」は、10月31日まで。映画文化のひとつともいえるポップコーンを、これを機に存分に楽しんでほしい。

詳細はこちら(http://2014.tiff-jp.net/ja/)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP