ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こうや豆腐 たんぱく質、ビタミンミネラル豊富で減量にも有効

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 低糖質で高たんぱく質、優れた栄養素がぎっしりと詰まっていることから、今注目を集めている「こうや豆腐」。鎌倉時代、高野山で修行と勉学に励む僧侶たちの貴重なたんぱく源だった“高野豆腐”がルーツとも言われる日本のスーパーフードだ。

 不足しがちな栄養素を1枚でサポートできるというそのわけは? 管理栄養士で料理研究家の浜本千恵さんはこう語る。

「豆腐の栄養素がギュッと凝縮されたこうや豆腐には、良質な植物性たんぱく質をはじめカルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラルやビタミン類が多く含まれています。なかでもけた違いなのはたんぱく質で、こうや豆腐1枚になんと牛乳1杯分以上を含有。たんぱく質は、加齢とともに減ってしまう筋肉や血液を作り出すのに欠かせない栄養素ですが、日本人には不足しがちです。また、女性に必須のカルシウムや鉄分の量が多いのも魅力です。毎日食べる習慣をつけるのがベストですが、2~3日に1度食べるだけでも有効です」(浜本さん 以下「」内同)

 また、アミノ酸のバランスが良く、体力を強化することはもちろんだが、こうや豆腐には脂肪燃焼系アミノ酸(リジン、プロリン、アラニン、アルギニン)が多いのも特徴で、ダイエットや生活習慣病の予防や改善にも効果的だ。

「こうや豆腐はコレステロールや中性脂肪値を低下させるレシチンや大豆サポニンを含んでいるので、中高年の健康と体形維持には欠かせない食材です」

 女性にとっても、こうや豆腐を食べるべき理由がある。

「新陳代謝に欠かせないカルシウム、亜鉛、ビタミン類は、古い細胞を剥がし、くすみのない肌を作るとともに、薄毛や抜け毛を軽減し艶やかな髪を蘇らせる手助けをしてくれます。また、若々しく血色のよい肌作りや、全身の冷えを改善してくれる鉄分も。女性の体に欠かせない成分の宝庫なんです」

 さらに、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが含まれており、ホルモンバランスの乱れを整えてくれるため、40代からの気になる更年期の諸症状には心強いサポーターなのだ。

「安価で手に入りやすい」「単食でも栄養のバランスが抜群」「短期間で減量できる」と、三拍子揃ったこうや豆腐がダイエットに有効だと推奨するのは、肥満治療の権威で医学博士、よこはま土田メディカルクリニック院長の土田隆さん。

 2週間で健康的に体重の6%の減量が可能だという。

「とにかく2週間、夕食をこうや豆腐にかえてみてください。何枚食べてもOKです。50kg→47kg、60kg→56.4kgと、体重の6%は確実に落ちます。しかも、筋肉を作るたんぱく質の含有率が高いので、食事制限で心配される代謝の低下もありません。ただし、たんぱく質の摂取で筋肉が増えるわけではないので、適度な運動も習慣にすると、代謝が高まり効果が出やすくなります」

 ダイエット中は食べる量も排便の回数も減るため、十分な水分補給が短期減量の成果を出すポイントだ。

 さらに土田さんは、体のリズムと美肌作りにもこうや豆腐が適していると語る。

「こうや豆腐の特徴のひとつが、消化吸収のスピードの速さ。睡眠時に胃に食べ物が残っていると、良質な眠りがとれず翌朝の食欲もわきません。朝食を抜けば血糖値が上がらず1日の活動にも支障をきたします。一方、消化が速ければ翌朝の排便がスムーズで食欲もわき、腸内環境が整います。こうや豆腐に含まれるアミノ酸やビタミンを吸収する率も増え、肌や髪の美しさもアップします」

 そこで、簡単に作れるこうや豆腐のレシピを浜本さんに教えてもらった。まずは基本のレシピから。

【こうや豆腐とかぶのそぼろ煮】

(1)こうや豆腐2枚は「水戻し」して4等分する。かぶ2個は皮を剥き4等分し、茎は3cm幅に切る。
(2)鍋に鶏胸ひき肉100g、しょうゆ大さじ1、砂糖・みりん各大さじ2、塩小さじ1/4を加えて混ぜ合わせる。中火にし、混ぜながら鶏肉をそぼろ状にする。
(3)(2)にだし汁1.5カップを加えてひと煮立ちしたら、(1)のかぶを入れ落としぶたをして弱火で約20分煮含める。
(4)落としぶたを取り、(1)の茎を入れてひと煮たちさせ、水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1、水大さじ3)を加えてとろみをつける。

 続いてアレンジレシピをご紹介。

【こうや豆腐のチーズピカタ】

(1)こうや豆腐4枚は、「レンジ戻し」する。粗熱がとれたら水気を絞り、厚みを半分にして間にスライスチーズ4枚を挟む。
(2)溶き卵2個、コンソメ(顆粒)小さじ2、塩小さじ2/5、こしょう適量、パン粉大さじ4を混ぜ、(1)を漬ける。
(3)熱したサラダ油大さじ2に(2)を入れて両面こんがりと焼く。好みの野菜適量を添えて皿に盛る。

「今、こうや豆腐は水に1分浸すだけで簡単に戻せます。切らずに使う場合は、だし汁などにそのまま入れるだけと調理が簡単です。やわらかく消化が良いので、おやつや夜食にもぴったり。ただし、こうや豆腐は吸収性が高いので、夜食やダイエット食の場合は、濃い味つけや油を多く使う料理は控え、だしを生かした薄めの味つけを心がけましょう」(前出・浜本さん)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スッキリ体形&美肌が同時に手に入る「こうや豆腐ダイエット」
高野豆腐は生活習慣病リスク改善する可能性 1ヶ月15.5kg減も
あらびきこうや豆腐 ダイエットに欠かせない食材として注目

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP