ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ビルボードがテイラー・スウィフト ニュー・アルバムのセールスを予想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

来週月曜日(10月27日)、テイラー・スウィフトのニュー・アルバム「1989」が発売になる。業界誌ビルボードが発売初週のセールスを予測した。

80万枚~90万枚が予測枚数だという。業界関係者は先週、75万枚だろうと言っていた。上方修正は予約の枚数によるものだそうだ。最近の発売初週のビッグ・ヒットは2013年のジャスティン・ティンバーレイクの「20/20 エクスペリエンス」で、968,000枚だった。今年(2014年)のビッグ・ヒットはコールドプレイの「ゴースト・ストーリーズ」で、737,000枚だった。

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

テイラー・スウィフトは2010年の「スピーク・ナウ」が105万枚で、2012年の「レッド」が121万枚だった。ビルボード誌によると、今年のアルバム・セールスは2012年に比べて19%ダウンしているという。

今年最大のヒットになるだろうテイラー・スウィフトの作品は、ナッシュビルにあるカントリー・ミュージックのインディーズのビッグ・マシーン・レコードが発売する。配給はユニバーサルミュージックだ。前2作に比べて発売初週のセールス予測が控えめなのは、マクロでみるセールス・ダウンに加え、カントリー・ミュージックをやめてポップにした事も影響しそうだ。

ニューヨーク・タイムズはアルバム評の見出しに、「鼻声にさようなら」と書いた。コアなカントリー・ファンは離れる。ラジオ業界誌ヒッツは、「レッドが発売された頃に比べ、世の中はダウンロードからストリーミングに変わっている」と書いた。iTunesストアーでの売り上げが落ちるだろうとの予測だ。とはいえ今年最大のヒットになるのは間違いない。来週の火曜か水曜には枚数の速報が出る。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP