体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当にスゴかった『スマブラ for Wii U』…8人同時対戦やボードゲーム機能

本当にスゴかった『スマブラ for Wii U』…8人同時対戦やボードゲーム機能

画像はすべて動画からのスクリーンショット
任天堂は、10月24日(金)、「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii Uがスゴい50の理由」のWeb放送において、現在発売中のニンテンドー3DS版にはないWii U版の特徴を一挙に発表。

発表された50+αの中から、現在3DS版をプレイ中の筆者による独断と偏見で、注目の新機能をピックアップ!

もう3DS版を購入してしまった人も、Wii Uの購入を検討するかどうかの参考にしてください!

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii Uがスゴい50の理由

オフライン専用での8人同時対戦

re141024-0002

ニンテンドー3DSでは、「スマブラ」の醍醐味である複数人による大乱闘をプレイする際、やはり画面の小ささが難点として挙げられることがある。

しかし、Wii Uではその心配はいらないどころか、広大なステージで、8人まで同時対戦が可能に! 8人対戦はオンラインでは利用できないが、友人と大人数でワイワイやる楽しみが倍増だ。

オンラインでも、6人までは対応することとなるようだ。

バトルのルールが追加

re141024-0005

通常のタイム制・ストック制に加えて、選べるルールにコイン制が復活。これは、前作のWii用「大乱闘スマッシュブラザーズX」で搭載されていたバトルシステム。

合計ポイントや単純に生き残りを賭けるのではなく、コインの収集を目的に、敵を攻撃して散らばったコインを集めたり、撃墜して敵のコインを奪い、その総数を競い合う。

また、新ルールとして体力制も導入。ダメージが蓄積されていく従来のスマブラではなく、規定の体力を削り合い、それが0になったら負けというもの。

ただし、体力制はいろいろなルールをカスタマイズして楽しめるスペシャル乱闘の区分となり、戦績がつかない。

協力プレイが充実

1人用モード「シンプル」も、友達と2人でプレイすることが可能となる、協力しながら勝ち進む楽しみが増えた。

また、特定のテーマに沿って勝ち進んでいくイベント制という新モードにも2人用が用意され、専用のお題で協力プレイを目指す。

「ホームランコンテストなど」、様々な競技に挑戦する「競技場」モードでも、競技によっては、4人で競争したり2人で協力できるようになっている。

ゲームキューブ・3DS派の人に朗報!

re141024-0012

Wiiリモコン、ヌンチャク、Wii U GamePad、クラシックコントローラーなどの多彩なコントローラーに対応。

さらに、ニンテンドー3DSでの操作も可能なため、現在3DSの操作性になじんでしまっているユーザーは、新たなコントローラーの操作で苦戦する必要はない。

さらに、Wii U用GCコントローラー接続タップがあれば、ニンテンドーゲームキューブコントローラーでのプレイも可能。「大乱闘スマッシュブラザーズDX」をプレイしていたユーザーからは、これが一番使いやすいという声もあるため、嬉しい措置だ。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy