ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エンターテイメントから防犯まで!マルチな家庭用ロボット「KEECKER」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このほど資金調達サイトKickstarterに登場した「KEECKER」はなかなかユニークだ。プロジェクターというのがメーン機能だが、それ以外にもスピーカー、防犯カメラとマルチな家庭用ロボットとなっている

KEECKERは高さ40センチ、幅28センチのややいびつな卵形をしていて、カメラやプロジェクター、スピーカーなどを搭載。そして車輪がついているので、どこへでも動くというのがポイントだ。

◆スマホがリモコン

どんな使い方ができるかというと、まずはプロジェクター。連携するスマートフォンなどの端末に入っているビデオを、自宅の壁や天など好きな所に映し出せる。

スマホ(iOS、Android)専用アプリがKEECKER のリモコンになり、投影するビデオを選んだり、KEECKER を動かしたりすることができる。そして、Androidユーザーならインターネット上のコンテンツも再生できるようになる見込みだ。

投影する角度は上下90度まで調整可能なので、ベッドに寝転びながら天井をスクリーンにして映画を楽しむという使い方もできる。

また、3Dサウンドシステムを備えているので、自宅の庭やテラスでパーティーをするときなど、KEECKERで質のいいBGMを楽しめるのも便利そう。

◆不審な音・動きでアラート

一方、KEECKERは内蔵するセンサーが室温や、湿度、空気の清浄度などを測るので、ユーザーは出先からアプリでそうしたデータを確認できる。

さらには、留守にしている家の様子をKEECKERのカメラを通してチェックすることも可能だ。他のセキュリティガジェットのように、不審な音や侵入を探知したらユーザーの端末にアラートが届くように設定できる。

◆電池が減ると自動で充電

KEECKERの賢いところは、バッテリーが少なくなってきたら充電ステーションに戻ること。充電は無線で行われるので、ユーザーはバッテリー残量を気にする必要はない。

開発を手掛けたのは、Googleで製品マネジャーを務めたPierre Lebeau氏率いるチーム。Lebeau氏によると、SDKを公開しているので、今後は外部デベロッパーによるスマート家電との連携など新機能の追加も期待できるという。

マルチなロボットだけあって、決して安いものではない。Kickstarterのキャンペーンでは予定小売価格よりかなりディスカウントされているが、それでも2590ドルからとなっている。

それでも利便性がさらに高まれば、KEECKERのようなロボットが家庭に1台、という日はそう遠くないのかもしれない。

KEECKER/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP