ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三井物産の内定蹴っちゃった! 京大初のプロ投手にネット「無敵すぎ」「完璧超人」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

来春、QVCマリンフィールドで田中投手は投げることになるか?

プロ野球のドラフト会議が10月23日、東京都内のホテルで開かれた。指名が競合した有原航平投手(早大・交渉権は日本ハム)、安楽智大投手(済美高・同楽天)が、来季の期待株として挙がっているが、異色の注目を集めている選手もいる。

ロッテが2位で指名した田中英祐投手は、京都大学工学部工業化学科に在籍中。入団すれば京大はもちろん、東京大学以外の「旧帝大」から初めてのプロ野球選手が誕生する。しかも田中投手は、プロ球団からの指名がなければ、大手商社の三井物産に内定が決まっていたというから驚きだ。
「文武両道」で野球連盟から特別功労賞も

田中投手は指名後の会見で、入団に前向きな姿勢を示している。

「すごくほっとしています。これでまず第一歩が踏み出せたと思うので、本当にほっとしたという思い。ロッテはファンの方がすごい熱い。そういうファンの方に応援される選手になりたいと思います」

田中投手が所属している京都大学硬式野球部は、関西学生野球連盟の春・秋のリーグ戦で常に5位、6位を争っている。いわば東京六大学野球の「東大」的な位置づけだ。

しかし田中投手はリーグ戦で京大史上最多の通算8勝を挙げ、2度のベストナインに輝く。14年10月のドラフト前には「文武両道の精神に基づく学生野球の本分を広く示した」として、特別功労賞を受賞した。

最速149キロの直球と多彩な変化球で、各球団のスカウトからは「変化球の精度」(ロッテ)や「勝つための選択をする頭脳」(阪神)が評価されていた。

しかしネット上で話題になっているのは、田中投手の野球の実力とは別の面。三井物産の内定を「蹴った」件や、卒業論文が「表面力測定装置における水和構造の逆計算理論」という難しい理系のテーマであることから、驚嘆するコメントが多く挙がっている。

「京大理系でスポーツも出来るのか(^^;)凄い!」

「京大のドラフト指名された人三井物産の内定もらってたとか無敵すぎ」

「京大に入れるほど頭がよく、プロにドラフトされるくらい野球も上手く、ついでに三井物産の内定を蹴れる完璧超人ロッテドラ2田中投手」

東大出身の「一軍勝利」は1960年代が最後

田中投手は小学校4年生から野球を始め、中学で投手に転向。偏差値70超の進学校・白陵高校に進学し、2年生の夏には兵庫県大会の3回戦まで進んでいる。

最近の「旧帝大プロ野球選手」では、2004年に横浜へ入団した松家卓弘投手が挙げられる。東大経済学部卒で、東京六大学リーグ戦で3勝を挙げた。国際協力銀行の内定を断って入団したことなど、田中投手とダブる面もある。

だが松家投手は、プロでは一軍で勝利を挙げることのないまま、2010年から移籍した日本ハムから戦力外通告(2012年)を受けてしまった。その後は米独立リーグに入団し、解雇された後の消息はメディアで報道されていない。

その他東大出身のプロ野球選手には4人の投手がいるが、一軍で勝利を挙げたのは65年に5勝、66年に4勝の新治伸治投手(大洋)、67年に1勝を挙げた井手峻投手(中日)と、1960年代にまで遡らなければならない。旧帝大出身の田中投手が球界で久々の活躍を見せられるかどうか。来春の開幕に注目が集まる。

あわせてよみたい:「使える人材輩出大学」ランキング、実は東大出身者微妙??

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP