ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キーワードは「しょうが」!寒い日も”ぽかぽか”で過ごせそうな、新発売の温活ドリンク&サプリ3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

めっきり寒くなってきた今日この頃、女子を悩ませる「冷え」の季節がやってきた。この「冷え」は、さまざまな体調不良の原因となることも多く、たとえ寒くても身体を暖かく保つ「温活」が、健康で過ごすために必須となっている。そこで今日は、「温活」において重要な食材とされ、漢方でも利用される「しょうが」を使った飲み物&サプリを特集してご紹介。

1.「スープはるさめ鶏だし生姜」
寒くなってくると、まず飲みたくなるのがカップスープ。てっとり早く身体が温まるため、オフィスの机の中に常備している人も多いハズ。中でも味と満腹感で女子に大人気のエースコック「スープはるさめ」シリーズから、生姜を使った新製品が発売され話題になっている。醤油や香味野菜が効いた鶏だしベースのスープに、すりおろしたてのような爽やかな生姜の香りと風味が楽しめる。小腹がすいたときにぜひ!(http://www.acecook.co.jp/)

2.「熱いでしょうが!」
次にご紹介するのは、しょうがをはじめ、カプシカムやアミノ酸など女性をホットにさせる成分が配合されたダイエットサポート系しょうがドリンク。今回発売されたのは、「ジンジャーレモン味」と「ジンジャーチョコ味 」の2種類。どちらも温かいお湯で溶かして飲めば、体の中からぽっかぽか。温まるだけでなく、ダイエット効果も期待できるなんて、まさに一石二鳥?!グラフィコより。(http://www.graphico.jp/hot-ginger/index.html)

3.「しょうがでホッと」
最後は、手軽にとれるサプリタイプのしょうがをチェック。このサプリ、飲みやすいタブレットで、身体を中からポカポカにしてくれる成分が、独自の蒸ししょうが製法により生しょうがの35倍も含まれているというすぐれもの。また、しょうがも、自社農場や契約農家など、トレーサビリティのとれる国産しょうがのみを使用している。外出が多い人や、「家に帰ったら疲れて寝るだけ」の人にも、バッグに入れて持ち歩いていてほしい一品。三笠産業の通販サイト「美人野菜」(www.bijinyasai.jp)にて発売中。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP