ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『オオカミは嘘をつく』監督がハリウッドデビュー! ジョニー・トー『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』リメイク

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タランティーノが“2013年のナンバーワン映画”に選出した、イスラエルの新感覚心理トラップムービー『オオカミは嘘をつく』。11月22日の公開を前に映画ファンの間で期待が高まる本作ですが、この度、新進気鋭の映画監督アハロン&ナヴォットのハリウッドデビューが決定。ジョニー・トー監督のノワール・アクション『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』のリメイクを手がける事が明らかになりました。

『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』のリメイクは、ソニーが製作し、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのマット・トルマックが、オリジナル版のミシェル・ペタン&ロラン・ペタンとともにプロデューサーを務める事も決定。イスラエル発の才能がハリウッドメジャーという大きな舞台で花開くことになります。

アハロン・ケシャレス監督(写真左手前)は、今回のニュースを受けて自身のツイッターで「for the first time in my life, I’m speechless(生まれて初めて、感激で言葉が出ない)」と喜びを表現しています。

監督のアハロン・ケシャレスとナヴォット・パプシャドの長編デビュー作であり、イスラエル初のホラー映画でもある『ザ・マッドネス 狂乱の森』(日本未公開)は2011年に公開され、批評家からの賞賛を浴び、興行的にも成功。映画はトライベッカ映画祭でプレミア上映され、ファンタスポルト(ポルト国際映画祭)で批評家賞、エディンバラ国際映画祭で観客賞、プチョン・ファンタスティック国際映画祭でスペシャル・メンションを受賞。50以上の国際映画祭に参加し、「LA Times」や「Movies.com」、「ウォール・ストリート・ジャーナル」を含むいくつかの媒体で、「2011年のベストホラー映画」リストに選出。

『オオカミは嘘をつく』は彼らの長編2作目であり、クエンティン・タランティーノ監督が2013年の年間ベストに選出したことで大きな話題となり注目を受けた。イスラエルでの興行は大成功を収め、世界各国で公開し、高い評価を受け、この11月にいよいよ日本でも公開となります。

ガジェット通信では、先日アハロン&ナヴォット監督にインタビューを行い『オオカミは嘘をつく』についてや、彼らが愛してやまない日本映画(三池崇史大好きっ子!)についてなど色々とお話を伺ってきました。インタビューは11月中旬公開予定ですので、こちらもお楽しみに。


映画『オオカミは嘘をつく』ストーリー

イスラエルの森の中で起きた、ある凄惨な少女暴行殺人事件。気弱で善良そうな容疑者、容疑者に復習を企む被害者の父親、型破りな不法捜査に乗り出す粗野な刑事――。本当に容疑者は犯人なのか? 被害者の遺族はここまで過剰な復讐(しゅう)を許されるのか? 刑事=正義と言えるのか? あなたの固定観念は覆り、これまで経験したことのない感情が沸き起こる。そして、衝撃の結末が待ち受ける……。果たして本当の“悪”とは何なのか――!?

予告編:https://www.youtube.com/watch?v=YpwERep2TUw

http://www.bigbadwolves.jp/

(c) 2013 Catch BBW the Film, Limited Partnership. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP