体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グアテマラの世界一美しい「アティトラン湖」周りで暮らす、6つの村の魅力

3679006336_04f7118abf_b

Photo Credit: Ilhuicamina via Compfight cc

中米のグアテマラでスペイン語留学をしていた大善です。グアテマラは古くからマヤ文明の影響を強く受けているため、国内各地には現在でも多くの先住民族が暮らしています。 各地域によって異なる幾何学模様やストライプ柄などの模様や鮮やかな 色合いを持つ民族衣装を見比べることも、グアテマラ旅行の醍醐味かもしれません。

「世界一美しい」とも称されるアティトラン湖周辺にも、多くの先住民が暮らし、村独自の文化、歴史、習慣、名産物が存在しています。ここでは、美しい湖を見るだけでなく、先住民の暮らしぶりも垣間見ることができるでしょう。今回は「世界一美しい」と言われるアティトラン湖周辺にある6つの村をご紹介いたします。

(1) アティトラン湖、観光の拠点地「パナハッチェル」

パナハッチェルはホテルや民族衣装や手製の民芸品などのたくさんのお土産屋さん 、中米一おいしいと言われるクロスロードカフェ もある観光地域ですが、大変穏やかで過ごしやすい町です。見所は沢山軒を連ねるお土産屋さんと、対岸にある標高3000m超えのトリマン火山とアティトラン火山です。湖に映えているその姿は圧巻で、「世界一美しい」 と称される理由も納得でしょう。
また近年アティトラン湖でマヤ文明時代の遺跡が発見され、その資料もパナハッチェルのアティトラン湖博物館に設置されています。

(2) 芳香なコーヒーを求めて「サンペドロ・ラ・ラグーナ」

san-pe-ro

Photo Credit: 筆者撮影

サンペドロ・ラ・ラグーナは火山の麓に位置し、コーヒー栽培が盛んな村です。村の湖畔には外国人向けのホテルやカフェが多く立ち並んでいますが、一歩中心地へ入ると、先住民の暮らしが見受けられます。常設の市場に一歩足を運べば、現地の活気のある声に耳を傾け、湖畔に出れば、オシャレなカフェで一杯、というようにのんびりと過ごすことのできる町です。

また、村周辺には多くのコーヒー農園や山があるので、農場見学やトレッキング、カヤックなどのアクティビティメイン で過ごすのもいいかもしれません。

(3) 人と手織りの温かみを感じる村「サンフアン・ラ・ラグーナ」

san-fa

Photo Credit: 筆者撮影

サンペドロラグーナよりも小さな村で、誰もがご近所さんのように、旅行者に対しても親切な人ばかりです。この村は織物が主産業で、多くの工房やお土産屋さんが立ち並びます。元々天然染色、手織りが有名でしたが、先進国の支援が入ってさらに質が高くデザイン性に優れた仕上がりとなり、色鮮やかな他のグアテマラの織物より、こちらは淡い色で洗練されています 。また町では織物を習うことのできる工房も数件あり、観光客にも人気です。

(4) ゆったりとした時間と雰囲気の中で癒される「サン・マルコス・ラ・ラグーナ」

3982707996_baf6b7784d_o
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy