ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松晃士「景気良かったバブル経験できたことは貴重な宝物」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、世のオバさんたちに、美しく健康に生きるためのアドバイスを送ります。今回は、観劇についてのお話です。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう。爽やかな風と共に、「芸術の秋」の到来です。私は以前から宝塚フリークを自認してまいりましたが、この秋は宝塚だけでなく、歌舞伎やバレエ、オペラにも積極的に参戦するつもり。今までは「観劇好き」というと、どこか“オバさま趣味”と受け取られてしまうのが、イヤだったんです。

 でも以前、お伝えしたように、「2015年には、女性の半数は50代以上」で、今や世の中の主流はオバさま。なんの遠慮がいりましょうか。

 私も今まで封印していた趣味を全開させて、思いっきり人生を楽しむことにいたしました。

 実際、歌舞伎座に出向けば、50代なんてまだまだ若手。私もアラフィフの一員として(まだ50才には到達しておりませんから、念のため!)、観劇修業を始めることにしたのです。

 別に観劇でなくとも、美術館や映画だっていいんです。とにかく、きれいなものをたくさん見ること。美しいものを目にすると、心が浄化されていくのを感じるもの。うっかり汚いものを見てしまったときなど、平常心を取り戻すためにも、効果があります。

 逆にいえば、美しいものを目にしても心動かされず、浄化もされないとしたら、人として黄色信号点滅中。心が老化している証拠ですから。ぜひ、早めのリハビリを心がけてください。

 でも実際、いるんです。年齢は若くても、「心はオバさん」なかたって。「オバさんって、大声で話してみっともないわ」なんて言いながら、自分は愛想がまるでないし、表情にも乏しくて、「感受性死んでる?」と思ってしまいます。喜怒哀楽が表情に表れないなんて、「人として終わってる」ですよね。

 もちろん、若さには絶対的な価値があります。でも、いつかは失われるものなんです。あの無表情なままでオバさんになったら、どんだけ陰気なオバさんになるのか、想像しただけでも怖いくらい。

 それに比べたら、今の40代、50代って、文化的でエレガントでゴージャスで、キラキラしたものが大好きな世代でしょ。好奇心も旺盛で、「24時間夢の中」で楽しんでいたいとすら願っている世代。その分、表情は豊かだし、生き生きとして魅力的です。

「バブル世代って熱くてうっとうしい」といわれることはあるけれど、景気がよかった時代を経験できたことは、貴重な宝物だと思います。

※女性セブン2014年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
植松晃士 神社で割り込むおばさんに「バチ当たるわ」と懸念
植松晃士「男性の優しさ期待するなら、女性のか弱さ演出必要」
植松晃士氏 日常生活で一番困るのはトイレの水が流れないこと

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP