ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

受信した動画を観たリアクションが自動送信される「Samba」にAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビデオをやり取りするアプリはたくさんあるが、「Samba」の場合、ただのビデオアプリではない。

なんと、Sambaで撮影されたビデオを受け取った人がビデオを再生させると、端末の自分撮りカメラでリアクションが自動撮影され、さらにはそれがビデオの主に送信されるというものだ。

■最大15秒撮影

ビデオを受け取った側は、ビデオ再生中に自身の端末で撮影されている自分の映像もスクリーンの片隅に見ることができる。リアクション撮影は最大15秒。

そうとは知らずに再生させた人は、少なくとも最初の数秒はかなり無防備な状態をリポートされてしまうことになる。そういう“ドッキリカメラ”的な要素があるので、親しい人との利用が前提かもしれない。

■新たなユーザー獲得に?

このアプリ、これまでiOSのみで展開されてきた。iOS端末からAndroidユーザーへのビデオ送信・閲覧は可能だったが、リアクション撮影はできなかった。

しかし今回のAndroidアプリ投入で、ユーザーの多くがリアクション映像を楽しめるようになり、新たなユーザー獲得にもつながりそうだ。

面白おかしいビデオを撮影して送り、実際に友人を笑わせることができたかどうかを確認する―というふうに使ってもいいかもしれない。

Samba

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP