ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハライチ澤部が夫婦でよく来る 沖縄出身の料理長が腕を振るう店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月12日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系、毎週日曜午後0時)で、「ハライチ澤部がオススメする五反田美味いヤーツ巡り!!」と題し、お笑いコンビ「ハライチ」の澤部祐さん、番組司会の中山秀征さん、中川翔子さんらが、沖縄料理店「島たいむ がんじゅう」(東京都品川区)を訪れた。
 
 沖縄出身の料理長が腕を振るう同店は、澤部さんが夫婦でよく来るという。中山さんは「いい所だね」、中川さんも「落ち着く~」と評した。一同は「ゴーヤチャンプルー」(750円 税抜き)と、「沖縄直送!美ら海まぐろの刺身」(780円 税抜き)を注文した。

 「ゴーヤチャンプルー」は、ジューシーなランチョンミートと、濃厚な風味の島豆腐、ゴーヤを油でシンプルに炒めた定番の沖縄料理だ。新鮮なゴーヤは驚くほどにがみが少なく、シャキシャキの歯応えが楽しめ、ビールとの相性もぴったり。一同からは「うまい!」「ゴーヤいいっすね」「元気出る」という声が上がった。「沖縄直送!美ら海まぐろの刺身」は、近海でとれるまぐろなので、冷凍することなく鮮度も抜群だという。こちらも一同から「安い!」「うまい!」という称賛するコメントが飛び交った。

■話題のお店に追加取材■
 「島たいむ がんじゅう」は、宮古島出身の料理長による本格的な沖縄料理が食べられるお店。「極上!ラフテー」(880円 税抜き)や「活!海ぶどう」(680円 税抜き)などの沖縄を代表するメニューから、「がんじゅう名物!絶品ソーキ鍋」(980円 税抜き)や、「塩せんべいアイス」(450円 税抜き)といった、沖縄料理をベースとしたアレンジメニューも楽しめる。

特にソーキ鍋は、これから寒くなる季節にピッタリの一品。コンブと豚ガラ、カツオ、野菜を長時間煮込み、余分な骨をこしてできた鍋のだしは、豚ガラのコクが染み出た奥深い味わい。そこにソーキやキャベツ、島豆腐、ニラ、ニンニクスライスなどの具材がたっぷり入っている。紅しょうがを上にのせ、ポン酢とシークヮーサーでさっぱりいただくのが、がんじゅう流。とろとろに軟らかくなったソーキは手間暇かけて作っただしと相性抜群で、ビールや泡盛と一緒に食べるのがおすすめだ。

店長の西村さんは「お客様に沖縄特有の温かさや非日常的な空間を感じてもらいたい」と話す。月に1度行われる「がんりゅう祭り」では、テラスに「島らっきょう」や「あぐーソーセージ」などの露店を出したり、泡盛の試飲も行っている。

沖縄が大好きな人や沖縄に行きたくても行けない人、本格的な沖縄料理を堪能したい人は、同店に行けばきっとご当地気分を味わえるはずだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:島たいむ がんじゅう (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:五反田のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:五反田×居酒屋のお店一覧
予約不要で気軽に謎解きを楽しめる! 20~30代女性に人気の新感覚カフェ
中国から空輸した珍しいきのこを使った料理を満喫できる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP