ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国から空輸した珍しいきのこを使った料理を満喫できる店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月21日に放送された「なないろ日和!」(テレビ東京系、月曜~木曜午前9時28分)で、きのこの魅力について特集しフリーアナウンサーの阿久津尚子さんと料理研究家の関口絢子さんが「雲南キノコ火鍋 御膳房 銀座店」(東京都中央区)へ訪れた。

同店では「牛筋と羊肚茸の煮込み」や「伊勢海老と虎掌茸炒め」など、中国から空輸した珍しいきのこを様々な料理で楽しむことができ、中でも一番人気なのが鶏肉や牛テールをじっくり煮込んだスープを使った「雲南キノコ鍋(風花コース)」。テーブルに鍋が提供されると阿久津さんらは「美味しそう、いい香りがする」とコメント。またコースとは別に約20種類のきのこの中から好きなものをお鍋に追加することも可能となっている。

関口さんが中国料理ときのこには深い関わりがあると伝えると、孔帆さんは「美味しく食べるだけではなく、薬膳として親しまれており、中国全土で一番多くきのこを取れるのが雲南省」と話した。古来より中国ではきのこは薬膳料理としても親しまれてきたが、中でも雲南省のきのこは森林に恵まれ気温の高低差が激しいことから、良質なきのこが育つ名産地となっている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:雲南キノコ火鍋 御膳房 銀座店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:銀座×中華のお店一覧
予約不要で気軽に謎解きを楽しめる! 20~30代女性に人気の新感覚カフェ
中国から空輸した珍しいきのこを使った料理を満喫できる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP