ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】仙川環 食と経済優先社会の闇を描く『極卵』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】仙川環氏/『極卵』/小学館/1500円+税

〈──極卵! 江戸時代から甦った極上の卵、相州地鶏の自然卵。四個入り千円。安全、安心。値段以上の価値があります〉と書かれた自然食品店のPOPを見て、貴方はその卵を買うだろうか。それとも「やれやれ」と眉を顰(ひそ)めるだろうか…。むろん選択は人それぞれ。本書『極卵』の読まれ方、感じ方も、読み手によって大きく分かれるに違いない。著者・仙川環氏も言う。

「例えば最近の先端医療は、何が正しいかなんて次元を超えている。様々な事象を見極めた上で、結論はその人が出すしかないんですね。食の問題も全く同じで、自分の体に何を取り込むかは個人の問題。特に卵は食べる側の意識や無意識を炙り出す身近な食品なので、敢えて選んでみました」

 本作はそんな超高級卵をめぐり、消費者や生産者、科学界やメディアをも巻き込んだ食中毒事件の顛末を描く。中毒者48名、内10名が亡くなる悲劇が照射するのは、己の身は己で守るしかないという現代の空気だ。不信と不安の連鎖はやがて攻撃性すら帯び、食わずして生きられない人間の日常を殺伐としたものに変える。

 大学院では細胞学や生命科学を研究し、新聞記者を経て『感染』でデビュー。以来医療や科学技術の「今」に材を取った物語性溢れる作品群は幅広い支持を得る。

「今回の着想もきっかけは2007年の中国毒入り餃子事件。実はあの餃子は私も買っていて、それまでカップ麺やコンビニ弁当に頼っていた私が勉強会に通い、米まで自分で作り始めたのも、小説以前の“恐怖”からでした。

 ただし食の安全も結局はバランスが大事で、普通が今は最も難しい。ここまで極卵を高級な卵にしたのも、食に関して意識の高い人ほど、逆に情報に押し流されて極端に走る危うさを感じたから。吉祥寺のカリスマ主婦〈野々市純子〉やその周辺の人々に手厳しいのも、私自身が過敏になった反省からで、自分のことだから容赦がないんです(笑い)」

 その純子と、元新聞記者のライター〈瀬島桐子〉が、吉祥寺の自然食品店で再会する場面から物語は始まる。桐子は極卵の生産者〈山田謙太〉を取材した縁で店員の〈小森麻衣〉と知り合い、偶然紹介された常連客が高校の元同級生・純子だった。2人に交流はなかったが、この日買った極卵が原因で純子の息子が〈ボツリヌス症〉による神経麻痺を発症し、歯車は再び動き始める。

 結局親鶏からも菌は検出されず、酸素中では繁殖しにくいボツリヌス菌の卵による中毒自体が異例だったのだ。新型の可能性も取り沙汰される中、相州地鶏を復活させた〈相州生命科学研究所〉が遺伝子組み換えに関与していると根拠もなく煽るジャーナリストも…。〈マッチポンプ野郎〉こと、桐子の先輩記者〈石黒〉である。そしてメディアによる集中砲火の中、謙太の父〈伸雄〉は自ら命を絶つ。

「石黒的な人はどの世界にもいて、だからこそ“証拠”が大事です。STAP細胞にしろ本当にあるなら証拠を示せばよく、それを信じるとか信じないとか、日本人は科学リテラシーが低すぎます。震災の風評被害でも誰かが危ないと言ったらそれをそのまま信じる人がいる。だから穏健派は嫌気がさして口を噤み、過激な人々はますます暴走する」

 生産者との〈顔の見える関係〉にしろ、何かあれば顔など忘れるのが消費者だ。桐子が取材を進める一方、夫や姑の無理解に悩む純子はある消費者団体に参加。テレビにも出演して危険性を訴えた。また一連の騒動を裏で操る石黒の目的や、遺伝子操作をめぐる企業側の思惑など、事件は現代の食事情や人間模様を映し、思わぬ方向に転がり始める。

 後に同団体を去る女性が〈自分が正しいと思う主張を通すためなら、デマを流してもいい〉〈それって国益のために国民を騙してもいいと考える人たちと、何が違うんですか〉と非難するように、「目的と手段」の歪みが本書の隠れた主題。

「朝日の慰安婦問題や在特会のデモもそう。目的さえ正しければ何をしてもいいみたいな空気に私は物凄く違和感があって、特に事あれば正義の拳を振りかざす人たちの単純な善悪に走る感じが怖い。原発問題でも正解なんて簡単に出ないからこそ事実に基づくフラットな話し合いが必要なのに、今は誰も彼も『自分は正しい』の一点張りですから。

 私は細部より、そうした歪んだ空気のリアリティを小説に描きたいと常々思っていて、考え方は人それぞれでいい、でも闘い方はフェアであってほしいと…」

 その点、相州研の研究員〈江上〉や伸雄の養鶏仲間〈源蔵〉など、それぞれの持ち場で坦々と働く人々の言葉は、理性的で謙虚だ。

「結局農家でも消費者でも、地に足をつけて生きている人が一番強いと思うんです。私も米を作り始めてからは、食品も自分も同じ生き物だと思うようになり、今は安全面より、生き物同士の関係や循環を実感したくて農業を続けています。例えばある農家の方は『食べ物は単に安全でおいしければいいってもんじゃない』と言うのですが、その真の意味を私も理解したいのです」

 食をめぐる様々な意見や風景を丹念に拾った本書は同時にミステリーでもある。ラストで明かされる衝撃の事実に舌を巻いた次の瞬間、私たちは今日から何を食うべきか、答えを探し始めるはずだ。その答えは桐子と純子で違うように百人百様が正解なのだろうが、毒卵より何より、理性を失った人間のありようこそがこの世で最も怖く映るのだった。

【著者プロフィール】仙川環(せんかわ・たまき):1968年東京生まれ。早稲田大学教育学部理学科卒、大阪大学大学院医学系研究科修士課程修了。大手新聞社在籍中の2002年、『感染』で小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。「シンクタンクに出向していた時、割と時間があってカルチャーセンターの小説教室に通ったのが小説を書くきっかけ。中国語を習おうとしたら学費が高く、だったらミステリー好きな友達でもできた方が楽しいかなって」。著書は『再発』『潜伏』等。155cm、A型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2014年10月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
競馬学校の茶道講師 「お辞儀が綺麗な人は心も綺麗」と語る
高畑淳子 1か月で7kgダイエットしその後1か月でリバウンド
尾上菊之助の新妻に「旦那さんの方がきれい」と嫁いじめ開始

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP