ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夢に出てきそう!「空飛ぶ家」の不思議な世界

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスの写真家、Laurent Chéhèreさんが手掛けたデジタル作品「Flying Houses(フライング·ハウス)」。

ふわふわと空に浮かぶ家は、作品ごとに違ったコンセプトを持ち、1枚の中でさまざまなストーリーを想起させる。

ゾウやキリンなどが住む家は、空を旅する“移動動物園”だろうか。

天井が高いのでキリンも安心。

空飛ぶ家の作りを活かして、家の下に洗濯物を干しているものも。

これなら乾くのもかなり早そうだけど、取り込みは命がけ?

空の上で火事なんてものも…。燃え盛る炎と黒い煙は、何か良からぬ事件の予感?

サーカスのテントは、下からジャグリングの道具が落ちてしまっているようだ。

謎の人影も気になるところ。

歪んだマンションの屋上に人が集まっている作品には、大量の荷物が置かれ、何かに備えているようだ。

作品はまだまだたくさんあるので、Laurent Chéhèreさんのメランコリックな世界にもっと浸ってみたいという人は、ぜひ彼のホームページをチェックしてみて。

Laurent Chéhère
http://www.laurentchehere.com/laurentchehere.com/PORTFOLIO.html

The post 夢に出てきそう!「空飛ぶ家」の不思議な世界 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP