ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZIGZO、2DAYSホールワンマンライブで会場を熱狂の“渦”に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロックバンドZIGZOが10月20日、21日の2日間、東名阪の3カ所で行われる「ZIGZO LIVE TOUR 2014 “FOREVER YOUNG”」のスタートとなる東京公演を東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて行った。

10月20日、10月21日の両公演は共にソールドアウトしており、満員となった会場は、これから始まる“お祭り”を待ちきれないという興奮にも似た雰囲気に包まれる。

会場が暗転し、SEが流れ始めると、ZIGZOメンバーが静かに登場する。一曲目は、アルバム「FOREVER YOUNG」でも1曲目に収録されている「渦」。重厚な音から始まり、ライブスタートからロックンロール全開で走り始める。続いても、「少年の足跡」「ひまわり」と人気曲を披露し、会場の熱を更に上げていく。

MCを挟んだ後は、「B型ゆえのLOVE SONG」を披露。ここからロックながらも、しっとりと聴かせる新旧のZIGZO流のラブソングを6曲続けて演奏する。続いて、vo高野哲が、「今回のアルバムの中で、“タイトル”が気に入っている2曲」と公言している「空飛ぶピアニスト」「しわくちゃな夢」を愛情込めた、熱量のあるパフォーマンスを披露し、観客の意識をステージに更に集中させていく。

そして、再メジャーデビュー後の2ndアルバムから「Dancing in the chains」のプレイを皮切りに、立て続けのロックンロールで会場を熱狂の“渦”へと誘っていく。

MCに入ると、高野哲よりびっくり発言が。「うーん。解散しようか。」会場の至る所から悲鳴が響く中、「嘘です。」と飄々と言い放つ。続けて、「来年もZIGZOは続きます。今後とも応援をよろしく。」とファンとの固いつながりを実感して、ライブのエンディングに向け、真っ直ぐと走り続ける。

再結成後にリリースした作品のリード曲を連発していき、ライブの最後は、今回のリリースツアーのアルバムタイトルにもなっている「FOREVER YOUNG」を熱演し、ライブは終了した。

2015年の一発目となる東京・AiiA Theaterでのワンマンライブも発表し、デビュー15周年を迎えるモンスターバンドから、まだまだ目が離せない。

10/20 ZIGZO LIVE TOUR 2014“FOREVER YOUNG”セットリスト
01. 渦
02. 少年の足跡
03. 炎は青く揺れる
04. B型ゆえのLOVE SONG
05. 血と汗と涙の裏側のハッピー
06. I CULT YOU
07. 君をいつまでも
08. My Sweet Shame
09. My problems
10. ファッションモンスター2
11. 空飛ぶピアニスト
12. しわくちゃな夢
13. Dancing in the chains
14. Beyond the moment
15. 裸ピストル
16. 笑う月
17. オレンジ
18. ひまわり
19. 衝動
20. I’m in love
21. FOREVER YOUNG

10/21 ZIGZO LIVE TOUR 2014“FOREVER YOUNG”セットリスト
01. 渦
02. 少年の足跡
03. ひまわり
04. B型ゆえのLOVE SONG
05. 血と汗と涙の裏側のハッピー
06. I CULT YOU
07. 君をいつまでも
08. My Sweet Shame
09. my problems
10. ファッションモンスター2
11. 空飛ぶピアニスト
12. しわくちゃな夢
13. Dancing in the chains
14. Beyond the moment
15. WALK
16. 笑う月
17. オレンジ
18. Supercharger star
19. 衝動
20. I’m in love
21. FOREVER YOUNG

ライブ情報
ZIGZO デビュー15周年記念ライブ「ZIGZO 15th Anniversary Live Vol.2“We Are Beautiful Tonight!”」
2015年1月17日(土)東京・渋谷AiiA Theater Tokyo
open 16:00 / start 17:00
チケット料金 前売5,000円(税込/全席指定/入場時ドリンク代別途必要)
チケット一般発売日 2014年12月6日(土)

関連リンク

ZIGZO オフィシャルサイト:http://zigzo.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP