ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

顔写真入りパロディGIFアニメを送って相手を笑わそう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自身や家族の顔写真をパロディムービーに入れ込んで、それをグリーティングカードとしてネット送信できるJibJab。笑い必至のカードが作成できるとあって人気の米国発eカードサービスだ。

そのJibJabから、新たにiOSメッセージアプリがリリースされた。ムービーの代わりにGIFアニメのパロディに顔写真を張り付けるというものだ。

◆選べるテンプレート

eカード同様、ユニークな設定のテンプレートがそろい、その中のキャラクターに自分の顔写真をはりつけるだけという手軽さ。

顔写真は、アプリの自分撮りモードで撮影する。スクリーンに表示されるマークの位置に目と口を合わせ、輪郭を選んで撮影すればいい。

ちなみに、JibJabのテンプレートは面白おかしいものが多いので、わざとユーモラスな顔をして撮影するとよさそう。あるいは真面目過ぎる顔も面白い設定の中でかなり浮いて、相手の笑いを誘うかもしれない。

◆10個まで無料で作成

アプリではGIFアニメを10個まで無料で作成できる。まずは試してみて、送信相手の反応が良かったらアプリ内で追加購入するといいだろう。

ちなみに、eカードの方は今、ハロウィーンのパロディが多数用意されている。この後は感謝祭(日本では馴染みが薄いが)、クリスマスとシーズンものが多数出てくる。

季節折々のあいさつにeカードを、普段の生活ではGIFアニメを、というふうに使い分けてもよさそうだ。

JibJab Messages/iTunes

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP