ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

料金様々な「老犬ホーム」 ひと月数万円から一括100万円も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 わたしたちと同じように、愛犬にも必ず老いは訪れる。食事や排泄の世話が必要になったり、一晩中吠え続けたり、その時、飼い主には大きな負担がのしかかる。家族の一員であるワンちゃんと最期まで一緒に暮らしたい。でも──そんな飼い主たちの悩みに応える施設「老犬ホーム」が今、急増している。

 今、老犬ホームが注目を集めているのは、愛犬の「老後」が飼い主にとって大きな問題になっているからだ。ペットフード協会の調査(2013年)によると、国内の飼育犬の平均寿命は、2010年に13.9才だったのが、2013年には、14.2才に延びているという。

 犬が衰えながらも長生きする間に、自らが健康を損うなどして世話ができなくなった飼い主が、老犬ホームを利用している。

 飼い主が先に亡くなり、遺族が犬を預けるケースもある。健康に問題はないが、仕事や家庭の都合などで充分にケアできない飼い主の利用もある。核家族化が進み、犬を引き継ぐ子や孫が身近にいないことも背景にあるのだろう。

 さらに、社会がペットの命を尊重する方向に動いていることも、老犬ホームのニーズを高めている。

 かつては、世話が大変だからと、飼い主が老犬を保健所に引き渡すケースもあったが、2年前の動物愛護管理法の改正により、保健所はそうした引き取りを拒めるようになった。昨年9月に改正された「動物の愛護に関する法律」では、飼い主が最期までペットの面倒を見る責任が明記された。

 環境省によると、「譲受飼養」(飼い主から動物を譲り受けて、その飼養を行うこと)の登録業者は、昨年4月時点で全国20業者。これらが老犬(猫)ホームに当たる。

 ただ、ペットホテルやペットシッターなどが該当する「保管」業者にも、老犬ホームの機能を有するところはあり、実際には20をゆうに超える業者が存在しているとみられる。

 広々とした高原に立つ施設があれば、都会の住宅地に作られたものも。動物病院やドッグランを併設しているところもある。食事や散歩の内容は、犬の状態をみて決めているところが多い。

 料金も千差万別だ。ひと月数万円というホームがある一方で、終生世話をする契約を結んで、一括して100万円以上を支払う施設も。入所金が数十万円かかるところもある。

 ただ、すべてがホームの裁量ではない。施設や管理方法については、環境省が定める基準をクリアしていなければならない。主な項目は以下の通りだ。

●清潔を保つ
●日常の動作をするのに充分な広さを確保する
●運動時間を取る
●必要に応じて獣医師に診療を受けさせる

「老犬ホーム」に愛犬を預けることは必ずしも無責任なことではない。自分や家族にとって、また愛犬にとっても大きなひとつの選択肢となりうる施設なのだ。

※女性セブン2014年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
家族同然のペットのため24時間ケア体制整った老犬ホーム登場
【キャラビズム】老人ホームに老犬ホーム、猫だけホームレス
「余命少ないペットの治療を打ち切ることも重要」と獣医指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。