ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

USJハリー・ポッターエリアを確実に楽しむための3つのツボ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下・USJ)のこの9月の入場者数が135万人となり、月間の最多入場者数を2か月連続で更新した。これはもちろん7月に開業した「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の人気によるものだ。

 あまりに人気のため混雑が予想されるハリポタエリアへの当日入場は、少しだけコツがいる。もっとも確実性が高いのが開場同時入場。USJのオープンとともにハリポタエリアに走り、混雑する前に入ってしまえばいい。

 朝早くからUSJに行くことが困難だという人は、入場整理券を狙おう。セントラルパークにある発券機に全員分の入場券をかざすと、ハリポタエリアへの入場希望時間が選べる。発券が遅くなるにつれ入場時間の選択肢も減るので、なるべく午前中には発券しておきたいところ。整理券には予定発券枚数が決まっており、上限に達すると抽選券に切り替わってしまい、抽選に外れるとエリアには入れない。

 ただ、「オープン当時は多くのかたにご迷惑をおかけすることもありましたが、現在は落ち着いていて抽選になるのは月に1回程度。希望者はほぼ入場いただけるようになっています」(USJ広報)とのことだから、よほどのことがない限り入場はできそう。万が一抽選に外れても、夕方以降に入場制限が解除され、整理券なしで入れることもあるようだ。

 入場のハードルはそれほど高くないが、エリア内のアトラクションの混雑は避けられない。人気のものともなると3時間待ちも当たり前。公式HPで購入できる「ユニバーサル・エクスプレス・パス」なら、専用の入口からアトラクションに入れるため待ち時間を短縮できる。

【USJハリー・ポッターエリアを確実に楽しむためのツボ】
・夕方入場で整理券不要も
・整理券をとるなら午前中がオススメ
・人気アトラクションはエクスプレス・パスで待ち時間短縮

※女性セブン2014年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
USJのハリポタエリア 確実に入場・待ち時間短縮のチケット
東京スカイツリーの入場券 高倍率の抽選を回避できる裏技
黒字化のハウステンボス 今後好調維持の鍵を大前研一氏解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP