ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『小野寺の弟・小野寺の姉』片桐はいり×向井理×及川光博×山本美月インタビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

10月25日に公開される映画『小野寺の弟・小野寺の姉』は、早くに両親を亡くし、年季の入った一軒家で暮らす姉弟の、不器用ながらも一生懸命に生きる姿を描いた心温まる作品。企業で働く調香師として“ありがとうの香り”を探す弟・進を向井理が、地元商店街の眼鏡店で働く姉・より子を片桐はいりが演じ、息の合った掛け合いを披露。また、それぞれが想いを寄せる相手には、山本美月、及川光博が扮し、こちらも好演している。今回のNeoLのインタビューにはこの4人が揃って登場。劇中の空気そのままのトークで、撮影秘話を語ってくれた。

 

——映画『小野寺の弟・小野寺の姉』は昨年、舞台として先に上演されました。片桐さんと向井さんはそれに続く今回の映画出演になりますが、どちらにおいても作・脚本・演出・監督を務めた西田(征史)監督とのお仕事はいかがでしたか?

 片桐はいり(以下、片桐)「監督とは舞台の前から、ドラマでもご一緒したところからの流れなので、そういう意味では全然違和感はありませんでした。でも、ドラマと舞台と映画とでは全然違う演出の仕方でしたね。昔は助詞が1文字変わるだけでもFAXで送ってくれるくらいだったんですけど(笑)」

向井理(以下、向井)「そうでしたね。FAX番号教えてって言われて(笑)」

片桐「そうそう(笑)。なので、自分のセリフは助詞1つまでキッチリ言わなきゃいけないのかなって思ってたんですけど、映画の時はわりとラフな感じていてもらいたいっていうか。細かいニュアンスにこだわる部分もありつつ、ある程度こちらに任せますという感じでした。演劇と映画とではルールも異なるので、最初は舞台も映画も同じ監督でどうなるの?って思いましたけど、蓋を開けて見たら演出も異なるし、全然別の作品になりましたね」

——向井さんも同じような印象をお持ちですか?

向井「そうですね。でも、僕個人としては映画のほうがやりやすかったですね。原作の小説に近いのは映画のほうですし、演劇と映画のお芝居って根本的に違うものだと思うので……。といっても、さっきはいりさんもおっしゃった、西田さんが細かい部分にまでこだわるっていうのは、そういう緻密な描写があるからこそキャラクターに説得力が生まれるという部分もあると思うんです。それから、西田さんの作品って、これまで何作かやらせていただきましたけど、どの作品も悪い人がいないんですよね。嫌な感じの人がいても、ちょっと抜けてたりとか愛嬌があるんです。それは昔から変わらない。そういうところが、観る側にとってはストレスなく観られるし、演じる側にとってもやりやすいという魅力に繋がってるんじゃないかなって思います。僕と西田さんは7年前くらいに『ガチ☆ボーイ』という映画で知り合ったんですが、その時は北海道のロケで1週間ぐらい相部屋で生活してたんですよ(笑)。当時から映画を撮りたいと言っていて、それが今回実現し、僕も参加させていただけて嬉しい想いもありつつ、西田さんが書くものやこだわっているところっていうのはその頃からあまり変わってないんじゃないかなって思いましたね」

——及川さんと山本さんは、監督とは初タッグになりますよね?

及川光博(以下、及川)「はい。西田さんからは本当に細やかな演出と指示がありました。でもそこで求められてることが何かっていうのが一度掴めてしまえば、やりがいのある現場でしたね。先ほど向井くんが悪人が出てこないっておっしゃっていましたが、僕が演じた浅野という男は、最初、台本を読み終わるまではイヤミな奴、ずる賢い奴っていう僕の得意なパターンかと思ったんですけど(笑)、別にそういう悪意はないんだなっていう。逆に、ごく普通の人間として存在するのが難しくもありました」

——山本さんはいかがでしたか? 

山本美月(以下、山本)「私は舞台ではご一緒していなかったので、ちょっとアウェーなのかなとおもって最初心配してたんです。でも、現場では西田さんが間に入っていただいて向井さんとか片桐さんとお話しできるようにしてくださったりして。すごく気を遣われる方なんだなって思いました」

向井「なんかすごかったよね? もっと話しなよ〜って(笑)」

片桐「そうそう、ものすごい近付けようとしてた(笑)。及川さんの時はなかったですよね?」

及川「だって向井くんとは一緒のシーンがなくて、ロケ現場でちょっと話したぐらいですから」

片桐「そっかそっか。何だったんだろうね、あれ(笑)」

——映画の中では姉弟の掛け合いが楽しく、この取材でもみなさん仲がいいのが伝わってきますが、片桐さんと向井さんはお互いが相手だからこそあの関係性が生まれたと思いますか? また、及川さんと山本さんは、あの姉弟の関係を見てどう感じられたかを教えてください。

片桐「実は6年くらい前から、西田さんからはこういう小説を書いて、それを映画、舞台、ドラマにしたいんですっていうのを聞いてたんですよ。その頃から相手役は向井くんだって話になっていたので、なんていうか小さい頃からの許嫁みたいな感じ(笑)。それこそ、ハリウッドスタイルよりも長く、何年もかけて役作りしてるわけで(笑)」

向井「かっこよく言えばね(笑)」

片桐「いやいや、本当に。なので、最終的に撮影の段階では別に喋らなくてもいいくらいの、現場でもお互い好き勝手なことしてるような感じになってました」

向井「たしかに、それぐらいナチュラルな感じでしたよね」

片桐「特に気負うこともなくね。それに、舞台や映画になるまでの間も他のドラマで共演したり、姉弟とは全然違う関係とかもやってるんですけど、その時も『いつか、この人の姉弟になるんだな』みたいな(笑)。そういう気持ちは常に持っていたと思います」

向井「舞台でも3か月間、毎日ずっと稽古してましたもんね。地方に1週間っていうのもありましたし。舞台の演出も幕が開くと二人芝居から始まる形だったので、幕開け前は二人で必ず握手をして。映画は、そういうのがあっての集大成な感じもします」

及川「いい話だなぁ」

片桐「そういう意味でも今回は珍しいケースでしたね」

及川「心の片隅には常にお互いがいたわけですね」

向井「そういうことですね」

片桐「テレビに向井くんが出てきたら『あ、弟だ……』ってね(笑)」

一同:爆笑

 

——及川さんと山本さんはこの姉弟を見ていかがでしたか?

及川「楽しかったですよ。正直、自分の出番じゃない部分はただ観客として楽しませてもらいました」

山本「なんていうか、あまり似てないのに本当の姉弟に見えるなぁって思いましたね。カメラが回ってない時もずっと喋ってて。それがそのまんま画面に出てると思います。現場では西田さんのサポートもあって楽しく過ごさせていただいたんですが、この二人の関係には入れないような感じはしました(笑)」

及川「ああ、そうだね。だからさ、毎回ゲストを呼んで『男はつらいよ』シリーズみたくすればいいよね(笑)」

向井「監督も言ってましたね、それ(笑)」

片桐「じゃあ山本さんは初代マドンナだ(笑)」

——より子さんみたいな女性を男性から見ると、どんなところが魅力だと思いますか?

及川「より子さん、絶対飲み友達になれるよね。それ以上は進まないかもしれないけど……」

片桐「そう! それは現場でも聞いたんですよ。やっぱりあの昭和的なファッションが。女性は好きっていう人もいるんですけど、男の人は興味ないですよね?って聞いたら、あんまりないかもっておっしゃってて」

及川「だって、そもそも論として、女子がかわいいと思うものと男子がかわいい思うものって違うから」

片桐「そうそう、そうなの。だから逆にそう言われて、より子さんのキャラクターに納得がいった感じがしました」

及川「だから男性としても、行きつけの常連客だったら楽しいだろうなっていう(笑)」

——向井さんはいかがですか?

向井「僕はもう、異性というより姉として見ちゃうので。起きたら台所に立っている人というか。そういう意味ではすごく魅力的だと思いますし、家庭的な一面を僕は一番近くで見ているので家族としてはすごくいいと思いますけど、恋愛としては……」

片桐「朝起きた時、隣に寝てたらどうなの?」

向井「それは……肉親だったらいいと思う(笑)」

片桐「そっか。そっか」

向井「やっぱり、姉弟っていう関係性でやっちゃうと、どうしても女性として見られないですよね」

及川「僕たちも当然、内面的な美しさ、人の良さっていうのはわかってるんですよ。その上で恋愛対象になるかならないかっていうのは….やはり企業努力というものが必要なんです(笑)」

片桐「そこがより子さんというか、自分も含めてですけど、悲しいところですよね」

山本「私、思うんですけど、より子さんって誰かと付き合ったら、彼女じゃなくてお母さんって感じになっちゃいそう」

片桐「そうだね」

向井「男性にとっては、刺激というより、安心しちゃうかもしれないですね」

山本「男の人はきっと、もっと頼りにしてほしいって思っちゃいますよね」

及川「それが長女の責任感だよね。無理してでも頑張っちゃうの」

片桐「そうそう。そういう意味では私自身も本を読みながら、イタいイタいイタい……って感じがありましたよ。より子さんみたく、報われないのに一生懸命やっちゃうみたいな。世話を焼いたことが裏目に出ちゃうことってありますもんね」

——片桐さんと向井さんの初共演は2008年のドラマ『ママさんバレーでつかまえて』に遡りますが、それから6年が経った今、改めて共演者としてのお互いの魅力を教えていただけますか?

向井「僕は初めて共演させていただくずっと前から、今もそうですけど、はいりさんは間違いなく日本一のコメディエンヌだと思ってるんです。はいりさんを抜く人を、今のところ見たことがありません。打っこ抜きで一番素敵な女優さんだと思ってるんです」

片桐「そういう(褒める)プレーでしょ?(笑)」

向井「あはは。あんまり言うとこうやって嫌な顔するんですけど(笑)、でも日本一だと思ってるのは本当。映画にもたくさん出演されてますけど、やっぱり舞台の時の魅力とか迫力がすごいと思います。だから昨年、この作品でご一緒した時のプレッシャーは半端なかったです。同じステージに立って演じるとなると、真っ向からやったって絶対勝てるわけないよなって。どうしたって、例え僕がセリフを喋っていても、お客さんははいりさんを見て笑ってますから。セリフを喋ってる人間よりも目立ってるっていう(笑)。なので、どうやって違う方向で自分を確立していこうかっていうのは日々考えてましたね。尊敬してるぶん、ものすごく恐怖でした。モンスターです、はいりさんは」

片桐「でも、それが映画に来たら「こっちのもんだ」ってなるんでしょ(笑)」

向井「そんなことないですよ(笑)」

片桐「今度は潰してやる、みたいな。見事に潰されましたよ(笑)。実際、映画では余裕が違いましたからね。なるほど、映像の芝居ってこうやるんだって思いながらやってました。あ、でも、もともと緊張しないんですよね?」

向井「そうですね」

片桐「緊張しないし、セリフも覚えが早いし、頭いいし。なので、ちょっとフンッと思ってたんですけど」

向井「そんな風に思ってたんですね」

片桐「うん、思うよ。そんな人、苦手だもん(笑)。私はどちらかというと不器用な人間なので、周りにも一緒に七転八倒するような人が多かったんですけど、向井さんは何事も涼しい顔でやるので。なんだコイツって(笑)。でも、舞台の時とかもすごく一生懸命で。だけど、一生懸命やってる風には見せなくて。そういうところがすごいなって思いましたね。映像だと特に、緊張してない感じが良かったりするので、向井さんがそういう感じでいてくれたのは助かりましたね」

——今回の映画では“ありがとうの香り”というのが一つのキーになっていますが、みなさんが思う“ありがとうの香り”とは?

片桐「今ふと思ったのは、私、映画館でもぎりをやってるんですよ。その時に「ありがとうございました」って頭を下げると、その人のシャンプーだったり整髪料だったりの匂いがふわっと香るんですよね。その匂いが、ありがとうの香りかな。それに、お辞儀をするのって日本人でしょ。この前たまたま外国人の役をやったんですけど、外国人って「おはようございます」とか「おやすみなさい」とかで頭を下げたりしないようなぁって話になって。なので、日本人のお辞儀ってすごいなって思ったんですよね」

向井「たしかに。仰るとおりですね」

及川「僕はフルーツ、なかでもはっさくですね。いろいろ思い浮かべてみたら、小さい頃に風邪をひいて寝込んでる時に、母親がはっさくを剥いてくれた時の匂いかなぁって。別にマザコンじゃないですよ(笑)。フルーツを剥いてもらうことへの感謝と、看病というシチュエーションも相まって、ありがとうの香りって気がします」

山本「私はベタなんですけど、やっぱりお花の香りですね。ありがとうって花束をいただく時の香り」

向井「僕は……なんでしょう……ありがとうってあまり意識して言ってないような気もして……。無意識で「ありがとうございました」って言うのは、コンビニとか? なので、おつりの匂い(笑)。あくまでも無意識なありがとうの香りですけどね(笑)」

——より子と進のような姉弟が実際にいたとしたら? みなさん友達になりたいと思いますか?

及川「あの二人を交えてパーティをしたりしたら楽しそうですよね」

片桐「でも、現場でも結構話してたんですけど、40歳と33歳の姉弟が一緒に暮らしてるって、普通に考えたらちょっと冗談にならない感じがあるというか……。最近はよくあるのかもしれないけど、だからこそ他人事じゃないというか。って、そんな社会問題的な話じゃないですよね(笑)。まぁでも、そういうことを考えたら、彼らと仲良くするかどうかって、私はわからないんですよねぇ」

向井「でも、ツッコみどころ満載の姉弟じゃないですか。ツッコみを入れる対象としては面白いんじゃないですか?」

片桐「あ〜、そうね。友達としては面白いか」

及川「喧嘩してようが、からかい合ってようがね。だからやっぱり、常連客だったらいいんじゃないかな(笑)」

片桐「二人で営む居酒屋とかね」

山本「そこに普通に夜ご飯食べに行きたいですね」

片桐「そうだね。でももしかしたら、女の人が入ってくるとちょっと微妙な感じになったりして(笑)。映画では進と、山本さん演じる薫をくっつけようと一生懸命だったけど、実際はいざこざが起こったりするかもしれませんね(笑)」

 

撮影 中野修也/photo Shuya Nakano

文 片貝久美子/text  Kumiko Katagai

 

『小野寺の弟・小野寺の姉』

10月25日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

出演:向井理 片桐はいり 山本美月 ムロツヨシ 寿美菜子 木場勝己 / 麻生久美子 大森南朋 / 及川光博

監督・脚本: 西田征史 原作: 西田征史「小野寺の弟・小野寺の姉」(リンダパブリッシャーズ/幻冬舎文庫)

©2014『小野寺の弟・小野寺の姉』製作委員会

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP