ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、4.8インチSuper AMOLEDを採用したGalaxy Coreシリーズ最新作「Galaxy Core Max」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung の中国法人が現地の公式サイトで「Galaxy Core Max(SM-G5108Q)」と呼ばれる Galaxy Core の新たな派生モデルを発表しました。Galaxy スマートフォンで「Max]が付くのはこの機種が初めてです。「MAX」たる所以は何なのでしょうか? それはおそらく、Galaxy Core シリーズで最大の画面サイズを採用したところにあると思われます(既存モデルは4.3~4.5インチなので)。Galaxy Core Max は、4.8 インチ 960×540 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイ、Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサ(Adreno 306 GPU)、1GB RAM、8GB ROM(Micro SD 対応)、背面に 800 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、2,200mAh バッテリーを搭載。Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、ANT+、GPS / A-GPS / GLONASS 等に対応。筐体サイズは 136.3 x 69.6 x 8mm、質量は 132gです。セルラー機能では GSM / TD-SCDMA / WCDMA / TD-LTE / FDD-LTE に対応しています。また、Galaxy Core Max はデュアル SIM にも対応しています。Source : Samsung China


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy Note 4のAndroid 5.0(Lollipop)アップデートを早期に実施か?
コナミ、サクセスモードを追加したスマートフォン向け「実況パワフルプロ野球」を今冬リリース、本日より特典付きの事前登録受付を開始
Android 5.0(Lollipop)を搭載したNexus 5ではフル解像度(3264 x 2448ピクセル)の動画撮影が可能、「L Camera」アプリで確認

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。