ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤井フミヤがナビゲート、「サウンド・プラネタリウム2014」が開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京・銀座 ソニービル8階 コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)では、昨年開催し、大好評だった「サウンド・プラネタリウム」の第二弾として、“月への旅”をテーマに、「サウンド・プラネタリウム2014」を、2014年11月7日~12月25日の期間にて開催する。

イベントでは、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之が開発した、普段肉眼で見ることのできない1000万個の星を映し出すことのできる光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR-Ⅱ」を使用し、無数の星々が煌めく世界を再現する。また、神秘的な月・星の広がる宇宙へのナビゲーターとして、デビュー30周年&ソロデビュー20周年を迎えた藤井フミヤが案内する。

今回は4台のソニー製プロジェクターを使用し、客席正面だけでなく、天井にもCG映像を投写することにより、月へと旅立つスピード感や宇宙での浮遊感なども演出。4台の内1台には魚眼レンズをつけ、より宇宙空間の広がりを感じさせる映像に仕上げる工夫を加えている。

さらに、煌めく星空の世界にあわせて選ばれたハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)音源を、スピーカーの最上位機種であるリファレンスモデル“R” シリーズ「SS-AR1」2台とマルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5800ES」で再生、プラネタリウム映像との美しいハーモニーで神秘的な月への旅を楽しめる。

サウンド・プラネタリウムを体験できる楽曲は、L’Arc~en~Cielの「Ready Steady Go」、ユニコーンの「Feel So Moon (映画“宇宙兄弟#0”テーマ曲)」、マイケル・ジャクソンの最新ヒット曲「Love Never Felt So Good」、平井堅の最新楽曲等に加え、イベントのナビゲーター、藤井フミヤの最新ライブアルバム「FUMIYA FUJII SYMPHONIC CONCERT」から不朽の名曲「Another Orion」、「夜明けのブレス」の計6曲。

この藤井フミヤの最新にして初のライブアルバムは、日本センチュリー交響楽団の華麗なオーケストラとの競演による珠玉のコンサートをハイレゾで収録したもの。地球から一番近い天体である月に向かう高揚感をのせた旅立ちの曲、月から地球を眺めながら聴く曲、煌めく音楽が溢れる地球に帰還するクライマックス曲(オーケストラ演奏)の3曲構成のストーリー仕立てで上演する。また、イベント期間を前半と後半にわけて、3曲ずつ違う楽曲での演出となる予定だ。

イベント情報
「サウンド・プラネタリウム2014」
期間:2014年11月7日(金)~2014年12月25日(木)
時間:11:00~19:00
会場:東京・銀座 ソニービル 8階 OPUS
入場無料
詳細:http://www.sonybuilding.jp/eventspace/opus/soundopus2014/

<上演楽曲>
TA-DA5800ES
SS-AR1
・L’Arc~en~Ciel アルバム“SMILE”より「Ready Steady Go」
・マイケル・ジャクソン 最新アルバム“XSCAPE(エスケイプ)”より「Love Never Felt So Good」
・藤井フミヤ 最新ライブアルバム“FUMIYA FUJII SYMPHONIC CONCERT”より「Another Orion」

イベント後半期間 【12月1日(月)~12月25日(木)】 上演楽曲
・ユニコーン アルバム“イーガジャケジョロ”より「Feel So Moon(映画“宇宙兄弟#0”テーマ曲)」
・平井堅 「最新楽曲」
・藤井フミヤ 最新ライブアルバム “FUMIYA FUJII SYMPHONIC CONCERT”より
「夜明けのブレス」

※約15分の映像を繰り返し、上演いたします。
※上演内容/時間など、予告なく変更になる場合がございます。
※イベント期間における上映内容はOPUSのWEBサイトでご確認いただけます。

関連リンク

■藤井フミヤ オフィシャルサイトhttp://www.fumiyafujii.net

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP