ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

素足で砂浜の上を歩くような履き心地。スイス発の次世代健康シューズ「Joya」(ジョーヤ)秋冬の新作を発表!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

体の一部のようにフィットして、苦痛を感じずにどんどん歩けるような靴があれば良いのに…と思ったことはないだろうか?

全国の40~60代の約4割が腰痛で、65歳以上の女性の3人に1人が関節痛で悩んでいるという現代。膝や腰に痛みを抱え、日常生活の中で安心して歩行を楽しむことができないと感じている人が急増している。

こうした状況を一変させるべく、歩行時に膝や腰にかかる衝撃を吸収し負担を軽減させる新開発の特殊なソールを持つ、次世代の健康靴としてスイスで誕生したのがJoya(ジョーヤ)。

オリジナルの”やわらかいソール”は、まるで素足で砂浜の上を歩いているようなやさしい感触で、膝、腰への負担を大幅に軽減し、長時間歩いても疲れにくい。さらに、前後左右360°の自然な動きをサポートすることで、身体をいたわりつつ、全身の骨格筋を活性化。履くだけで自然と姿勢が良くなり、人間本来の理想的な歩き方を実現してくれるという。

この靴を開発したのは世界的大ヒットの「MBT」を開発したカール・ミューラーと息子のカール・ミューラーJr.。現在Joyaは世界25カ国で販売されている。

秋冬の新作では、好評を得ている従来モデルの新デザインに加えて、Joyaならではのやさしくやわらかい履き心地はそのままに、より安定感を高め、軽量化した新しいソールが登場。カジュアル、スニーカーなどタイプ別に、11の専門店と百貨店の期間限定ショップで展開中。詳しくはオフィシャルサイト(http://www.joyashoes.jp/)へ。

医師も推薦する極上の健康シューズで、“歩くこと”をもっと楽しもう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP