ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アーカイブ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本来、アーカイブは、古い記録やその保管場所、書庫を意味する英単語。ITでアーカイブという言葉が使われる場合は、データ・ウェブサイトの保存を指すことが多い。

データを保存する、との意味ではアーカイブとバックアップは似ている。だが、バックアップはシステム障害などが起こったときのためにデータを取得し、別の場所へ保存しておくもの。トラブル発生時には早急な復旧が必要とされることから、バックアップ用のデータは随時更新される。一方で、アーカイブは過去の記録を写し取ることが目的。よって、上書き保存したデータはアーカイブと呼ばない。

後世に向けて、その時代ごとのウェブサイトを残すために、「ウェブアーカイビング」といった活動も行われている。ウェブサイトは閉鎖することもあるが、見られなくなってしまってもウェブアーカイビングによって、一部ないしは全部を将来にわたって閲覧可能とするものだ。中でも著名なのは「インターネットアーカイブ」というサイト・NPOで、1996年にアメリカで発足。2012年には保存データ量が10ペタバイト(100万ギガバイト)を突破したという。

こうした活動は、各国の国立図書館も行っており、日本では国立国会図書館がインターネット資料収集保存事業(略称:WARP)として取り組んでいる。同事業のオフィシャルサイトでは、毎月、時節に合わせた特集も組まれており、10月は14日が鉄道の日であることから、鉄道特集が掲載されていた。

■参考情報(外部サイト)
国立国会図書館 インターネット資料収集保存事業(WARP)

参考情報(外部サイト)

国立国会図書館 インターネット資料収集保存事業(WARP)

関連記事リンク(外部サイト)

Facebookの読み返しに便利! 気になる記事をあとで読める新機能「Save(保存)」
台風災害を可視化する「台風リアルタイム・ウォッチャー」と「デジタル台風」

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP