体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「オーディオ・ホームシアター展 2014」開催、統一テーマは「ハイレゾ」

「オーディオ・ホームシアター展 2014」開催、統一テーマは「ハイレゾ」

「オーディオ・ホームシアター展 2014」が10月17日〜19日の三日間、お台場の「タイム24」で開催された。

今年で62回目を数える「オーディオ・ホームシアター展」、今回の統一テーマは「ハイレゾ」。長年築かれてきた「Hi-Fi」の概念を再確認し、これに続く、もしくは超える概念として「ハイレゾリューション・オーディオ(サウンド)」を位置付け、「ハイレゾ」に沿ったセミナーや展示・試視聴を展開した。

4年ぶりにハイファイオーディオ専用ブランド「Technics」の復活を宣言したパナソニックは、フロア正面に、同ブランドから先日発表されたリファレンスシステム「R1 Series」とプレミアム「C700 Series」を展示。


▲リファレンスシステム「R1 Series」スピーカーシステム


▲リファレンスシステム「R1 Series」ステレオパワーアンプ


▲プレミアム「C700 Series」シリーズ


▲パナソニック(株) セールスプロモーションチーム 福澤誠氏

パナソニック(株) セールスプロモーションチーム 福澤誠氏は「Technics」の復活について、

「近年ハイレゾリューションが盛り上がり、圧縮音源で気軽に音楽を楽しむ文化から、しっかり音楽を聴こうという文化に変わってきたときに、当社のデジタル技術が活かせる商品ができるんじゃないかと、ここ数年で動いたプロジェクトになります。オーディオを出そうというときに『Technics』ブランドという宝が当社に残っていたので、社長の英断で『Technics』で行こうと」

「『Technics』ファンの方が少なからずいらっしゃいます。実際に、『復活を待っていたよ』などの応援の声を数多くいただけたことは非常に力強いと思っていますし、そういったお客様のために一番良いものを提供したいということで、『リファレンスシステム』というハイエンドなものをご用意すると同時に、音楽離れが進んでいる『Technics』を知らない若い世代も手が出せる「プレミアムシステム」もご用意しました。こちらは『Technics』のプロジェクトリーダーが小川理子という女性ピアニストということもありますので、女性にも購入していただけるように白を基調にするなどデザインも考慮しています」

と説明。”ディスカバリー・ミュージック”をブランドコンセプトに、ハイレゾの特性を生かし、「音楽をもう一回再認識していただくことが第一のブランドミッション」「高級オーディオの国内メーカーの縮小であったり、寂しいニュースが多い中で、メイドインジャパン『Technics』として、若い世代を含めてファンを掴んでいきたい」と抱負を語った。


▲NAS、ハイレゾ対応スマホで「PCレス」を推進


▲オンキヨー(株) 営業・マーケティング本部 手嶋和紀氏

また、ハイレゾの走りとして2005年8月にスタートした「e-onkyo music」とオンキヨーは、今年、“ハイレゾのカジュアル化”をコンセプトに「PCレス」を推進する。

「ドコモのスマートフォンの秋冬モデルは全てハイレゾ対応ということで、それに合わせ、e-onkyo musicのハイレゾ音源を聴くことができる「HF PLAYER」という音楽プレーヤーアプリをリリースします。これをダウンロードしていただければドコモに限らず各キャリアで聴いていただくことができます。また、台湾のQNAPと提携してNASを開発しまして、スマートフォンサイトで購入した楽曲が自動でNASにダウンロードされます(オンキヨー(株) 営業・マーケティング本部 手嶋和紀氏)」

また、アメリカとイギリスとドイツでハイレゾ音源を予定しているそうで、英国7digital Limited(セブンデジタル)と提携し、年内のスタートを目指している。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。