ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ケータイ小説投稿サイト『Gocco』の作品を無断で電子書籍化していた「TSK編集部」名義の作品がまた発見される

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨年4月にケータイ小説投稿サイト『Gocco』に利用者が投稿した作品が「TSK編集部」名義でAmazonの『Kindle』や楽天の『Kobo』などに無断で電子書籍として登録されていたことをガジェット通信で報じましたが、問題の発覚から1年半を経て「TSK編集部」が同じ作品を別のサイトで登録していたことが明らかになりました。

ケータイ小説投稿サイト『Gocco』の投稿作品30タイトル以上が作者に無断で電子書籍化される – ガジェット通信

「TSK編集部」名義の電子書籍が登録されていたのはNTTぷららが運営する『ひかりTVブック』で、10月21日午前3時の時点で45タイトルが以前に『Kindle』や『Kobo』に登録されていたのと同様に「TSK編集部」名義、RJブックス発行としてリストアップされています。公開日は全タイトルとも『Gocco』利用者からのクレームで『Kindle』や『Kobo』から「TSK編集部」名義の作品が一斉削除された直後の「2013年4月26日」とされていますが、昨年の問題発覚時に『ひかりTVブック』への登録が見過ごされていたのか他サイトから一斉削除を受けて『ひかりTVブック』に退避して来たのかは不明です。

被害者の知人で『ひかりTVブック』に「TSK編集部」名義の作品が登録されていたことに気付いた鴉野兄貴さん( @KarasunoAniki [リンク] )は『小説家になろう!』で注意喚起を行っており、予防策として『Gocco』を利用しないように呼びかけています。

TSK編集部。復活。(小説投稿サイトGoccoに注意!!)
http://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/203214/blogkey/1011776/ [リンク]

(10月22日追記)『ひかりTVブック』に登録されていた「TSK編集部」の電子書籍45点は10月22日に同サイトからの削除が確認されました。

画像:『ひかりTVブック』( http://book.hikaritv.net/ [リンク] )を「TSK編集部」で検索した結果表示

※この記事はガジェ通ウェブライターの「84oca」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP