ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アルツハイマーの母が娘を認識した一瞬をとらえたビデオに感動の嵐

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アルツハイマーを患い、娘のこともわからなくなった母親が、一瞬だけ娘を“我が子”として認識した。その瞬間をとらえたビデオがYouTubeで大人気だ。

 この奇跡的な偶然を撮影したのはアメリカ・ジョージア州出身のケリー・ガンダーソンさん。

 87歳になるガンダーソンさんの母親は、はじめは実の娘のことを「自分の母親だ」と思い込むほど、何も認識できていない状態だった。しかし、会話が進むにつれ、自分が誰と話しているかを理解して「あなたをケリーと名付けたのではなかったかしら。ケリー大好きよ」と愛娘に語りかけた。

 「あなたを愛しているわ」と言った母親に対して、ガンダーソンさんが「私もママが大好きよ」と返答。するとガンダーソンさんの母親は「私たち同じことをしているのね。すばらしいわ」と言って笑うのだった。

 これについて、ガンダーソンさんは「私のアルツハイマーを患う87歳の母親が、私が誰だかわかった。ほんの少しの間だけだったけれども」と感慨深げ。この時の動画に「God’s Gift(神様からの贈り物)」とタイトルをつけYouTubeに投稿したところ、アップして約1ヶ月には750万超の閲覧があった。

 ネット上では「泣いちゃった。すばらしいね」「このようなことが起こって、本当によかった」といった声が上がっている。

※画像はYouTubeから

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。