ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

監督が実写版『AKIRA』よりも撮りたかったSFスリラーとは? 映画『ラスト・デイズ・オン・マーズ』公開決定[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『ラスト・デイズ・オン・マーズ』 ホラー通信

SFスリラー映画『ラスト・デイズ・オン・マーズ』が11月22日に公開決定。
タイトルどおり火星探査の恐るべき“最後の日”を描く今作は、58年の歴史に幕を閉じる新宿ミラノのクロージング作品に選ばれ、同劇場の“最後の日”を飾る作品にもなっています。

監督は弱冠36歳の若き才能ルアイリ・ロビンソン。22歳で手がけた短編アニメーション『Fifty Percent Grey』がアカデミー賞にノミネートされ、実写版『AKIRA』の監督としてオファーを受けた彼が、なんとその話を蹴ってまで撮りたかったのがこの『ラスト・デイズ・オン・マーズ』とのこと。一体どんな作品なのか気になってしまいますね!

すべての画像はこちら

『ラスト・デイズ・オン・マーズ』 ホラー通信

2036年、火星への有人調査飛行が実現し、8人の乗組員を送り込む『オーロラ・プロジェクト』が実行された。しかし、目立った成果をあげられないまま6ヶ月の月日が過ぎ、迎えた任務最後の日。ひとりの隊員が発掘した化石から微小生命体の細胞分裂を確認。隊員たちは残された僅かな時間の中で、この未知の生命体の解明に急ぐ――。

未知の生命体との遭遇や、異星で危機に瀕する物語は数あれど、こちらはリアリティを重視しつつもおそろしいパニックスリラーに仕上がっているとのこと。公開されている画像の中には、“何か”に苦しみ悶える隊員の姿も……。うう、ヒヤヒヤします!
原作はSF作家シドニー・J・バウンズの短編小説『The Animators』。主演は、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』でヴィクター・クリードを演じたリーヴ・シュレイバー。

あらゆる危機と背中合わせの宇宙空間のなか、彼らが遭遇する恐怖とはどんなものなのでしょうか……。映画『ラスト・デイズ・オン・マーズ』は11月22日より新宿ミラノほかにて全国公開です。

タイトルを聞いてカート・コバーンが火星に行く話を期待してしまった人は、不正解だぞ!

『ラスト・デイズ・オン・マーズ』 ホラー通信 『ラスト・デイズ・オン・マーズ』 ホラー通信
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。