体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イギー・ポップやオジー・オズボーン、ザ・ブラック・キーズらがU2の無料配信戦略を批判

イギー・ポップやオジー・オズボーン、ザ・ブラック・キーズらがU2の無料配信戦略を批判

posted by Jay Kogami

アップルとU2のiTunesアルバム・フリーダウンロード戦略を厳しく批判する海外アーティスト達:「音楽の価値を引き下げた」

先月アップルがU2と組んで、U2の音楽をiTunesユーザーに無料配信するプロモーション。「音楽史上最大のアルバムリリース」(アップルのティム・クックCEO)と大々的に開始した取り組みでしたが、勝手にU2の曲がダウンロードされているという多数のユーザーから不満の声が上がり、アップルは削除ページを設けたりボノが謝罪コメントを発するなど、後味の悪いプロモーションになりました。一般ユーザーから不満の声が上がる中、アーティストからもプロモーションに対する批判の声が上がり始めました。

イギー・ポップの場合

イギー・ポップは英BBC主催のラジオ・レクチャー「John Peel Lecture」にゲスト講師として登場し、音楽ビジネスや関連するトレンドを彼独自の考えを織り交ぜ、「Free Music in a Capitalist Society (資本主義者中心社会におけるフリーの音楽)」と題した講義を行いました。

その中でイギー・ポップは、怒りをU2のフリーダウンロード戦略に向け、強く否定するコメントを

「U2のフリーダウンロードが要らない人たちは「俺たちに強制しないでくれ」と言おうとしていた。彼らの意見は正しい。消費者がアーティストから何かを購入するプロセスの一部は、宗教的に清められるようなものだ。愛を与えていると言える。問題はそれだけじゃない。彼ら(U2)は悪者とは違う。だが、今では誰もがブートレガーであり、昔みたいに利口じゃないし、ただモノを盗んでいるだけのヤツらが「音楽に支払わせるように強制しないでくれ」と言っている。盗みが日常的になろうとしている。これはみんなにとってよくないことだ。」

イギー・ポップはまたミュージシャンがかつてはレコード会社やその経営陣の言い様に扱われてきたのが、今ではデジタル化で影響力を持った消費者によって不利益な状況に陥っていると言い、音楽ビジネスの現状を次のように説明しています。

「俺たちは企業の安っぽいパクリを、「コンピューター業界のプーチン」みたいな影響力のあるオタクたちの力を借りて、一般消費者と交換している。彼らは金持ちになって影響力を持ちたいとしか考えていない。

今は、超人気なバンドが無茶苦茶なチケット代をふっかけているか、音楽をただでばらまいて、失敗する前にどうにかして影響力おくを保とうとしている。この影響力ていうやつにはウンザリだ。」

オジー・オズボーンの場合

ことの発端は奥さんのシャロン・オズボーンのツイートから。

「U2、あんたらはビジネスの権力者で、もうミュージシャンじゃない。どうりで、誰も欲しくない二流の音楽をフリーで配るわけだ。」とつぶやいたシャロンに続いてオジー・オズボーンもU2に対してコメントを発しています。 オジーはShortlistのインタビューで
「U2はフリーでアルバムを配る余裕はある。しかし他のバンドはそんなことはできない。だから新人バンドには難しくなるんだ。マジで、ありえないくらい自分勝手だ。奴らはアップルからばかみたいにたくさん受け取っているんだろう。誰もがアップルと契約できるわけじゃないんだ。無数のバンドがあるけど、余裕がないからが誰にも聴かれていないんだ。」

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。