ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国松彰 V9巨人は大雨で試合が中止でも多摩川で休みなく練習

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もうすぐ2014年プロ野球の日本一球団が決まる。今では夫人の家業である製菓会社「亀谷万年堂」の取締役会長として忙しい日々を送る国松彰氏(80)は、1965年から始まる読売巨人軍の9年連続日本一の初期を主に2番打者として、後半はコーチとして支えた。川上哲治監督の徹底したチーム管理と、それによって培われた巨人軍の強さについて国松氏が振り返った。

 * * *
 日本シリーズ中に、土砂降りの中で練習させられたこともあります。期間中、チームは(後楽園球場に近い)御茶ノ水の旅館に泊まり込んでいたんですが、大雨になって試合が中止になったんです。

 当時は室内練習場もないので当然休みだと思っていると、選手全員がバスに詰め込まれて多摩川へ。打席とマウンドだけにテントを建てて、グチャグチャのグラウンドの中で練習ですよ。ボールはすぐに泥だらけになるので、洗っては焚き火で乾かして使う。そんな状態だから、打撃練習でも1人10球打つので精一杯でした。

 文字通り休みなしの練習が続きましたから、反発の声は上がりました。例えば広岡(達朗)さん。「疲れているのに、コンディションが悪くなるだけで意味がない」と文句をいっていました。口には出さないまでも、僕も冗談じゃないと思っていましたね。

 でもこれは技術の向上というよりも、勝つためにチームが団結して決して手を抜かないことが大切だ、という意識を浸透させるためだったんです。川上さん自身も疲れていたはずなのに、心を鬼にして練習を課していたのでしょうね。川上さんが偉いのはそういうところ。選手たちにだけでなく、自分にも妥協しなかったことです。

※週刊ポスト2014年10月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヤングなでしこ田中陽子 子供の頃、口げんか強かったと監督
強豪・なでしこJAPAN 昼は「農家」「仲居」「レジ打ち」
達川光男氏 前田智徳を努力の天才と認めた日の出来事を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP