ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペットの迷子防止に!世界中で居場所を確認できるガジェット「Pod」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

迷子のイヌ(ネコ)を探しています―。たまに、街角の電柱などに張り紙を見かける。

飼い主にとってペットは家族も同然。しばらく姿を見ないと心配になるし、行方不明になれば必死になって探すだろう。

そんなペットオーナー向けのGPSガジェット「Pod」が資金調達サイトIndiegogoに登場した。首輪につけると、ペットがどこへ行こうともスマートフォンで居場所が常に確認できるというものだ。

■世界最小の29グラム

自身も愛猫家という開発者によると、この手のガジェットとしては世界最小なのだという。サイズはコルク栓より小さく、重さはわずか29グラムと動きの邪魔になることはなさそうだ。防水性なので雨の日でも使える。

■国境も関係なし

また、Podのセールスポイントの一つは、オーナーとペットの距離にかかわらず居場所が確認できること。極端な話、国境をまたいで迷子になっても、専用アプリにペットの居場所が表示される。

これを可能にしているのが、世界最大の通信会社との連携。どこへ行ってもPodが発信する電波をキャッチする。

■2年目以降は年間使用料30ドル

もちろん、通信のための費用が発生するが、最初の1年間はキット(Pod本体、バッテリー2つ、充電器、ストラップ2つ)料金に含まれている。そして2年目以降は、年間30ドルの使用料が発生する。

気になるキットの値段は、Indiegogoのキャンペーンでは199ドルとなっている(世界どこへでも無料で発送)。2つセットだと298ドルなので、ペットが1匹の場合は友達と共同で注文するとおトクだ。

ペットの居場所がいつでも確認できる、という安心感を得たい人は多いようで、キャンペーンではすでに目標額を超え約13万5000ドルを集めている。10月28日までとなっているので、興味のある人はお早めに。

Pod

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP