ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西川史子が「ここでしか味わえない」と舌鼓 新時代を担う「らーめん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月19日に放送された「サンデー・ジャポン」(TBS系、毎週日曜午前10時)で、「サンジャポ西川会 vol.21」と題し、医師でタレントの西川史子さん、フリーアナウンサーの宮崎宣子さん、お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇さんらが、ラーメン店「自家製麺 MENSHO TOKYO」(東京都文京区)を訪れた。

 同店は2014年8月にオープンしたばかりので、西川さんによると「ここでしか味わえない『らーめん』」があるという。その「らーめん」は、北海道ではジンギスカンでなじみ深いラムのゲンコツからだしを取り、それを軸に豚のさまざまな部分の骨と一緒に約2日間じっくり煮込む。トッピングにも低温調理したラム肉を使う斬新な味で1日200杯は出るという新時代を担う一杯だ。

 試食した北海道出身の吉村さんは「うまい! もう実家の匂いしましたもん、口の中に入れた時に。もう実家!」と絶賛。続いて西川さんは「クリーミーなんだけど、後からラムの香りがフッときますね」と評した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:自家製麺 MENSHO TOKYO(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:水道橋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:水道橋×ラーメン・つけ麺のお店一覧
キャベツの甘みをできる限り引き出した「広島風お好み焼き」
華麗なこてさばきで作るスタイリッシュな「広島風お好み焼き」が人気!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP