体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Twitterの新サービス「Audio Card」 タイムライン閲覧中にBGMとして曲を再生

AudioCard

日本でも身近なミニブログSNSのTwitterが、AppleおよびSoundCloudと提携し、新たな「Audio Card」という新サービスの提供をスタートする。ユーザーは音楽トラックを流しながら、Twitterのタイムラインを閲覧できるのだという。Twitterはこれまでにも、多くの作曲家や歌手などのアーティストが、自分の作品紹介やファンとの交流に活用している。

 

タイムライン閲覧中、BGMとして曲を流しておける

「Audio Card」の使い方はとても簡単。あなたがiTunesやSoundCloudに登録しているアーティストをフォローしていて、カード付きのツイートを見かけたとする。ツイートの中に楽曲のリンクがあり、リンクをタップすると音楽カードが現れる。

カードの左上の縮小ボタンを押すと、カードは小さくなり、画面の右下の方に折りたたまれる。このカードが折りたたまれた状態になっても音楽の再生は続行し、BGMのようにして流しておけるのだ。ユーザーはそのまま、いつものようにタイムラインを追って、Twitter体験を楽しめるというわけ。

小さくなったカードをタップすれば、いつでもカードを呼び出すことが可能で、音楽のスキップや停止のほか、iTunesを経由してその曲を購入することもできる。

“Coldplay”などのほか、今後参加アーティストも増える見込み

今のところ、SoundCloudのパートナーであるColdplay、David Guetta、NASAなど50のアーティストの「Audio Card」が投入されているが、iTunesのアーティストも含め、今後ラインナップが増加していく見込み。

Twitter側としては、テキストメッセージという枠を超えた、新たなマルチメディアコンテンツとしての展開を促進できるし、アーティスト側としても作品のプロモーションの場として有用なため、双方に大きなメリットとなりそうだ。

Audio Card

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy