ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

薄形軽量の親指シフトキーボード 『Thumb Touch(サムタッチ)』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
thumbtouch

富士通コンポーネントは、薄形軽量の携行性に優れた親指シフトキーボード『FKB7628シリーズ Thumb Touch(サムタッチ)』の販売を8月下旬より開始します。価格はオープンですが、市場実勢価格は1万5000円前後になる模様。『Thumb Touch』は、日本語入力に優れた親指シフト配列で、右手小指のポジションに“後退”キーと“取消”キーを設置したキーボードです。日本語の読みかな文字が1打鍵(同時打鍵を含む)で入力できる親指シフト配列のキーボードは、JIS配列キーボードのローマ字入力と比べ約1.7倍、かな入力と比べ約1.1倍となり、入力速度が早くなっています。

外形寸法はW318×D158×H18mmで、重さは約360g。本体との接続は着脱可能なUSBケーブルを採用し、キーボードの携行性を向上させています。キースイッチは、ギアリンク構造を採用。一般的なシザーズ方式と異なりキーストロークと押下力の軸が一致し、キートップの端を押した場合でも、片側に傾くことなくキーを押下させることができます。またキートップも外れ難い構造です。また、右手入力キーと左手入力キーのキートップの色を変えて視覚的にも入力を補助する配色とし、初めて使う方も、既に経験のある方も使い易いキーボードとなっています。

■関連記事
【GIFTEX2010】木の風合いを楽しむ『Hacoa』のPCアクセサリー
好きな色に光らせて使えるプログラマブルキーボード『LUXEED U5』
20キー“同時押し”可能! PCゲームユーザー御用達の英語ASCII配列キーボード

tukishimaの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。