ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老親が便所紙を買い溜め「オイルショックあっても安心ばい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 なぜ実家の老親たちは、子供たちから見れば無駄としか思えない過剰な備蓄を行うのか。その行動と心理に迫った。「お得なもの」に飛びつくがあまり本末転倒に陥りやすいのが老親世代の特徴だ。

 熊本県出身のA氏(52)は、帰省中に実家のトイレのドアを開いて呆然と立ち尽くした。棚に未開封のトイレットペーパーロールがタワーのように天井近くまで積み上がっていたからだ。気になって押し入れをのぞくと、こちらはティッシュペーパーの箱であふれていた。

「スーパーのセールやドラッグストアのポイント5倍デーのたびにまとめ買いしていたようです。“死ぬまでに使い切れないぞ”と嫌味をいうと、80歳の母は“もう一回オイルショックがあっても安心ばい”とケロリ。あ然としました」

 なぜかハマりやすいのが「100円均一ショップ」だ。特に母親の信奉ぶりはもの凄い。B氏と都内で同居する母親(78)は、近所にある100円均一ショップで毎日1000円以上買い物してしまう。

「“あったほうが便利だから”と、スティックのりやら消しゴムやら電池やらガムテープやら、日用品を何でも買おうとする。スーパーでの買い物はチラシを見比べて、5円、10円安いものを選んだりしているのに、100円均一だと手当たり次第。おかげで家は小物であふれてウンザリです」

 手元に「現物」がないことも不安になるようだ。C氏の父親(74)は、何度いっても旅行をする前に、バスに乗って「みどりの窓口」まで切符を買いに行く。

「電話で予約すれば、当日購入・受け取りでいいのに、父は“事前に切符がないと安心できない”というんです。カネと時間の無駄だと思うんですが……」

 これらのエピソードに共通するのは「万が一の備え」「いざというときの安心」というキーワードだ。立正大学教授(心理学)の西田公昭氏がいう。

「高齢者は、病気や迫り来る死など、若い人に比べて多くの不安感を抱えて生きている。特に独居の高齢者に多く見られる傾向です。“お金で安心感が買えるのなら”と、周囲からは無駄遣いと思える備えに走ってしまいやすいのです」

※週刊ポスト2014年10月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ネットスーパーの長所 無駄な買い物が減る、ポイント貯まる
お金を大事にする方法 「1円玉が落ちていたら拾う」人も
底値買いのために知っておきたいスーパーが仕掛ける落とし穴

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP